• このエントリーをはてなブックマークに追加
FEATURE PR

DJ感覚で直感的!Pioneer DJが作る次世代の楽器『TORAIZ』シリーズの全て

世界標準のDJ機器を生み出し続けるPioneer DJのプロフェッショナルな環境で得られた技術力と設計思想を元に誕生した『TORAIZ』シリーズ。TORAIZシリーズは、DJ機器に求められる即興性を実現した次世代の楽器で、トラックメイキングからライブパフォーマンスまでをシームレスに行うことができます。

TORAIZシリーズの特集ページでは、クラブミュージックの制作工程に沿ってTORAIZシリーズの機能やその使い方を紹介しています。ナレーション付きの分かりやすい動画と共に、TORAIZシリーズの真の魅力を実感してください。

脱PCを可能にするオールインワン・サンプラー『TORAIZ SP-16』

トラックメイキングに必要なサンプラー、シーケンサー、エフェクターを一台に集約したオールインワン・サンプラー「TORAIZ SP-16(以下、SP-16)」。最先端のサンプル・ライブラリを製作するLoopmasters社のサンプル音源を2GB装備しており、すぐにトラックメイキングを始めることができます。

SP-16は、リアルタイム・レコーディングに対応したパフォーマンスパッドと、ステップ・レコーディングに対応したステップキーを装備しており、DJ感覚の直感的なトラックメイキングを可能にします。Dave Smith Instruments社(以下、DSI)のアナログ・シンセサイザー「Prophet-6」で採用されているアナログ・フィルターを搭載しており、本物のサウンドを生み出すことができます。

高い音質と直感性を兼ね備えたアナログ・シンセ『TORAIZ AS-1』

シーケンサーとエフェクターを装備したモノフォニック・アナログ・シンセサイザー 『TORAIZ AS-1(以下、AS-1)』。DJ機器のトップブランド Pioneer DJと、老舗シンセ・メーカーDSIがコラボにより誕生したAS-1は、DJ機器のパフォーマンス性と、世界中のミュージシャンに愛されるサウンドクオリティを兼ね備えた次世代のシンセサイザーです。

タッチパッド式のキーボードやスライダーにより直感的な演奏が可能なAS-1は、シーケンス・パターン付きの495のサウンドを装備しており、トラックメイキングやライブパフォーマンスのインスピレーションを得ることができます。サウンドの管理を行うSoundtower Inc.社製エディターソフトSound Editorでは、AS-1に装備されている全てのパラメータが一括で表示されるので、詳細なサウンドメイキングが可能です。

アーティストによるパフォーマンスとインタビュー

Carpainter (TREKKIE TRAX)

注目の若手クリエイター集団TREKKIE TRAXからCarpainterをフィーチャーして、SP-16とAS-1だけでトラックを作り上げる工程を収録した動画と、動画でどのような機能を使用して制作を行ったのかに迫るインタビュー。TORAIZの魅力はもちろん、楽曲制作におけるヒントも盛りだくさんの貴重なインタビューは、TORAIZユーザーならずとも必見です。

パフォーマンスとインタビューをチェック

SP-16 とは?

内蔵音源の紹介からDJ機器との組み合わせによるパフォーマンスまで、SP-16の押さえておきたい主要機能と、その活用方法をご紹介。SP-16の概要を知りたいという方にオススメです。

主な内容

  • 内蔵音源の紹介
  • パフォーマンスパッドと16ステップキーを使ったループ制作
  • タッチディスプレイ&タッチストリップを使ったサウンドメイキング
  • 内蔵エフェクトとアナログ・フィルターを組み合わせたパフォーマンス
  • CDJ-2000NXS2 & DJM-900NXS2と組み合わせたDJパフォーマンス

TORAIZ SP-16の概要をチェック

SP-16 チュートリアル -主要機能を使用した制作とパフォーマンス-

SP-16を使用したトラックメイキングの方法を紹介するチュートリアル。こちらのチュートリアルでは、実際にテクノのトラックを作成する工程に沿ってSP-16の使用方法を説明しており、SP-16のより実践的な使用方法と、クラブミュージックの制作方法を一緒に学ぶことができます。SP-16の機能とその操作方法を詳しく知りたいという方にオススメです。

主な内容

  • iOSアプリのサウンドをサンプリングしてパターンを作成
  • ビートメイキングとエディット
  • ベースとシンセサイザーのパターン作成
  • 曲の展開を作る
  • 完成したトラックでライブパフォーマンス

SP-16 チュートリアルをチェック

SP-16 v1.2 チュートリアル – 外部音源を使用した制作方法 –

SP-16ファームウェア1.2でアップデートされた機能を使用したトラックメイキングの方法を紹介するチュートリアル。こちらのチュートリアルでは、ファームウェア1.2のトピックでもある、外部音源との組み合わせによるトラックメイキングの方法を紹介しています。お手持ちのハードウェア・シンセサイザーなどと組み合わせてトラックを制作したいという方にオススメのチュートリアルです。

主な内容

  • 外部音源の演奏とサンプリング
  • サンプリングした外部音源のサウンドを新たなフレーズに再構築
  • Lo-Fiを使ったサンプルの加工
  • LFOを使ったサウンドメイキング
  • 作成したパターンやアレンジメントの書き出し

SP-16 v1.2 チュートリアルをチェック

SP-16 v1.3 チュートリアル -デモプロジェクトを使用した制作方法 –

SP-16ファームウェア1.3でアップデートされた機能を使用したトラックメイキングの方法を紹介するチュートリアル。こちらのチュートリアルでは、SCENEのエクスポート/インポート機能を使用して、SP-16のデモプロジェクトからオリジナルのトラックを作成する方法を紹介しています。完成されたSP-16のデモプロジェクトを使用して賢くトラックメイキング。音楽制作初心者の方にもオススメのチュートリアルです。

主な内容

  • SCENEのエクスポート・インポート
  • SCALEモードを使用した演奏
  • 任意のトラックにDSI社製アナログフィルターをインサート
  • 新規エフェクト(Phaser/Ducker)を使ったサウンドメイキング

SP-16 v1.3 チュートリアルをチェック

AS-1 チュートリアル Vol.1 -多彩な機能を用いたサウンドメイキング方法-

内蔵音源の紹介からDAWとの組み合わせによるトラックメイキングまで、AS-1の特徴的な機能と、その操作方法を紹介するチュートリアル。AS-1の豊潤なサウンドと共に、そのポテンシャルを実感してください。

主な内容

  • 内蔵音源の紹介
  • プリセットからのサウンドメイキング
  • シーケンスの作成
  • SCALEモードを使用した演奏
  • アルペジエーターを使用した演奏
  • エフェクトを使用したサウンドメイキング
  • Sound Editor機能紹介
  • DAWと組み合わせたトラックメイキング

AS-1 チュートリアル Vol.1をチェック

AS-1 チュートリアル Vol.2 -AS-1で作った音だけでトラック制作-

AS-1だけでドラムやリード、そしてベースなどの全ての音を作り出してトラックを制作する、サウンドメイキングに特化したチュートリアル。Sound Editorを使った詳細な音作りと、Ableton Liveと連動したトラック制作方法を紹介しています。シンセサイズの基本とDAWを使用した曲作りの工程も学べます。

主な内容

  • AS-1とAbleton Liveの設定方法
  • Sound Editorを使用したより詳細なサウンドメイキング
    • ドラムのサウンドメイキング
    • ベースのサウンドメイキング
    • リードのサウンドメイキング
  • Sound Editorを使用したシーケンスの作成
  • DAW (Ableton Live) と組み合わせたトラックメイキング

AS-1 チュートリアルVol.2をチェック

この記事をSNSでシェア!