• このエントリーをはてなブックマークに追加
FEATURE

高音質で動画を撮る!サウンドに特化したビデオレコーダー『Q8』がミュージシャンにオススメな理由。

スマートフォンの普及により誰でも気軽に動画を撮影できる現代では、ミュージシャン自身が自撮り演奏動画やミュージックビデオを制作して YouTube などにアップして、それをきっかけに世界的に注目されているミュージシャンも多く存在します。

ミュージシャンの表現方法の1つとなった動画ですが、ミュージシャンなら動画撮影時の音質にもこだわりたいですよね。そこで、オススメなのが、Zoom から発売されたビデオレコーダー『Q8』です。

zoom-q8-1

Q8 はステレオ録音可能な2基のコンデンサーマイクを搭載したビデオレコーダーで、動画の撮影と録音ができます。

その場の雰囲気や臨場感まで取り込む録音性能

soundrope ではこれまでに Q8 で撮影した動画を用いた3つの記事を作成しました。今回はこれらの動画を基に、異なるシチュエーションにおける Q8 のポテンシャルを紹介します。

1. パフォーマンス動画の制作

この動画は、DJ MEMAIによる KORG の DJシステム「KAOSS DJ」のパフォーマンス動画で、Q8 と LUMIX G2 で撮影した2つの動画をミックスして作られています。この動画の横からの映像が Q8 で撮影したもので、広角レンズを搭載した Q8 で接写すると遠近感が強調された迫力のある動画が撮影できました。
KAOSS DJの記事 で使用している動画のサウンドは、KAOSS DJ のラインアウトからレコーディングソフトへ録音したものを使用していますが、こちらの動画では Q8 に搭載されているマイクだけを使ってのみで録音したサウンドを使用しています。

2. 音楽と映像のセッション動画の制作

この動画は、Critter & Guitar のビジュアルシンセサイザー「Rhythm Scope」 のコンテンツ用に DJ と VJ のセッションを自宅スタジオで撮影したものです。撮影環境の明るさによるシーンの切替機能により、暗闇でも比較的に鮮明に撮影できました。

3. イベントのレポート動画の制作

この動画は、Pioneer DJ のレセプションパーティでの機材レポートです。この動画の撮影で初めて Q8 を使ったので、ボリュームの調整など不慣れな部分もありますが、初めてでも操作に迷うことなく撮影できました。イベント会場はたくさんのお客さんでにぎわっていたので周囲の音が入り込まないか心配していたのですが、動画ではそこまで気になりませんね。これは XY方式のコンデンサーマイクによるところが大きいです。狙った音を正確に録音できることは重要なポイントですね。

現在一般的な人が動画の撮影に使用するツールは、iPhone などのスマートフォンが多いと思いますが、iPhone で撮影した動画と Q8 で撮影した動画のサウンドを比べると、Q8 の方がクリアで臨場感のあるサウンドが再現されていて、より大きな音量で録音できました。

様々なシチュエーションが想定された入力仕様

Q8 の最大の特徴のコンデンサーマイクは、2つの単一指向性のコンデンサーマイクをクロスさせ、それぞれ左右のチャンネルを録音する XY方式を採用していて、これにより左右の輪郭がくっきりとしたステレオサウンドを得られます。外部マイクやオーディオ機器を接続できる2系統の XLR/TRS 入力が搭載されていて、音声のみを録音するオーディオレコーダーとしても使用できます。

zoom-q8-2

広角160°のワイドレンズを搭載した Q8 はダイナミックな画角で撮影でき、 ライティングに応じた3種類のシーン設定も用意されています。

充電式のバッテリーを採用している Q8 は、HD720p/30fps の画質では2時間以上の連続撮影が可能です。
対応記録メディアは、SD/SDHC/SDXCカードで、128GBのSDXCカードの場合、3M HD/30fps画質で約10時間、HD720p/30fps画質で約26時間の撮影が可能です。

ミュージシャンにオススメな理由

ここで紹介した動画のサウンドは、Q8 のマイクの性能を正確にお伝えするために一切編集を行っていないのですが、その場の臨場感までしっかりと収められていたので、サウンドの編集も必要ありませんでした。実際に動画を撮影してみて、ミュージシャンにオススメしたいと感じた点は以下になります。

  • コンデンサーマイクを搭載しているので高音質で臨場感のある録音ができる
  • スタジオなどでの録音用オーディオレコーダーとしても使える
  • 広角レンズだからダイナミックで雰囲気のあるライブ映像を撮影できる
  • オプションでマイクの種類を変えられるので用途別に使い分けることができる

今回紹介したシチュエーション以外にも、例えばフィールドレコーディングや野外でのライブの撮影、ツアーのお供にも最適ですね。

撮影した動画は無料の映像編集ソフトで簡単に編集できるので、動画を作ったことがない人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。動画制作も楽しいですよ!Q8 で高音質な動画を撮影して世界中の人々とつながってみませんか?

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!