• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

エレクトロニック・ミュージックを中心に良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル【Vol.2】

soundrope読者の皆様、こんにちは。オンラインの輸入盤CD・レコードショップ『LINUS RECORDS』の松本です。輸入盤店の当店でも推していて、個人的にもリスペクトしている、「エレクトロニック・ミュージックを中心に、国籍、ジャンル、シーンの枠に縛られず良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル」を紹介するシリーズの第2回目は、前回の記事で取り上げた当店のレーベルPreco Recordsからもリリースしている、東京のエレクトロニカ・シーンを代表するアーティストausが主宰するflau。

2006年設立のflauは、レーベル・オーナーのausを筆頭に、cokiyu、Cuushe、Kumisolo、IKEBANA、Noahなどのインディー〜エレクトロニカ系の日本人の女性アーティストから、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、イギリス、フランス、アルゼンチン、カナダなどなど様々な国のアーティストによる、フォーク、クラシック、エクスペリメンタル、ブレイクビーツなどの多様なジャンルの作品をリリース。国籍やジャンルの枠に留まらない、オルタナティブな音楽性と個性溢れる作品を、レーベル立ち上げ当初から現在まで発信し続けています。

electronic-music-japan-label-2-1

リリースした諸作品はガーディアン紙を筆頭にPitchfork、Mojo、Q Magazine、WIRE、Mixmag、XLR8R、Dummy Magなどで取り上げられ、JAPAN TIMES、Dazed And Confusedで特集されるなど注目を浴びています。アメリカのカルチャーマガジンThe FADERには、2013年最も注目すべきレーベルの一つとして選出されました。ロンドン、メルボルン、ベルリン、北京など海外でもレーベル・ショーケースが実現し、リリースだけでなく国内で活発にイベントも開催。flauでなければ実現しなかったと思われる、多数の海外アーティストの来日公演の企画も成功させています。

また、今年2015年に入ってからは新たにビート系のヴァイナル・リリースに特化したサブ・レーベル「raum」もスタート。リリース、イベントの企画共に、今後もシーンを引っ張る存在として要注目のレーベルです。

Noah『Sivutie』

現時点でのレーベルの最新作となる、海外からも注目を集めるレーベル期待の新人の女性アーティストNoah。flauらしい儚い女性ヴォーカルのドリーミーなエレクトロニカ〜エレクトロニック・ポップ作品。

Stefan Jós『Things You Left Behind』

サブレーベルraumのリリース第1弾となった、カナダのDevon Hansenのソロ・プロジェクトStefan Jós名義でのデビュー作。緻密で先鋭的なサウンドの中にも軽快で肉体的なグルーヴ感のあるビートが取り入れられた、ミニマル・テクノ〜エクスペリメンタル・テクノ。

submerse『Stay Home』

UK出身のsubmerseの2015年春リリースのミニ・アルバム。アンビエント〜チル・アウトな柔らかさもあるメロウなベース・ミュージック。東京在住のため都内のイベントにDJ/ライヴで出演する機会も多いアーティストです。

Cuushe『Night Lines』

2013年作のアルバム『Butterfly Case』で世界中から注目を集めた、京都出身の女性アーティストCuusheの最新作となる2015年春リリースのEP。ドリーミーなサウンドと特徴的なウィスパー・ヴォーカルが溶け合う美しいエレクトロニック・ポップ〜インディー・ポップ。

Henning Schmiedt『Schnee』

本作を含め全4枚のアルバムをすべてflauからリリースしている、ドイツ人ピアニストHenning Schmiedtの現時点での最新作となっている2013年作のアルバム。デリケートで透明感のあるメロディで聴かせるピアノ・ソロ作品。

aus『After All』

flauのオーナーausの2008年作のアルバム。flauからリリースしているcokiyu、Geskia、Sylivain Chauveauなどもゲスト参加した、壮麗でドラマティックなエレクトロニック・ミュージック。本作以降オリジナル・アルバムのリリースは現在までなく、新作のリリースが長年待たれている。

2015年7月現在、flauからは50作品近くの作品がリリースされており、すべてをご紹介することは出来ませんが、まだまだ多数の素晴らしい作品がございますので、もし気になられましたらぜひチェックしてみてください!

flauのウェグサイトをチェック

また、今夏には東京でレーベル所属アーティストが多数出演する『flau night in tokyo 2015 summer』も開催されます。こちらもあわせてチェックしてみてください!


『flau night in tokyo 2015 summer』

2015年8月9日(日)
東京・原宿 VACANT(渋谷区神宮前3-20-13)
open 16:00 / start 16:30
adv./door 2,500 / 3,000/ 学生 1,500yen(1D別)

LIVE: Noah (feat.guest Yohei Suzuki & TAKCOM)/ Rima Kato / Sparrows / aus
DJ: submerse
shop: Linus Records

前売りチケットメール予約 event@flau.jp
件名を「flau night」とし、お名前・連絡先・枚数を明記の上、上記のアドレスまでご送信ください。3日以内にご予約確認の返信メールをさせていただきます。

この記事をSNSでシェア!