• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

エレクトロニック・ミュージックを中心に良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル [Vol.1]

soundropeの読者の皆様、はじめまして。オンラインの輸入盤CD・レコードショップ『LINUS RECORDS』の松本と申します。店名とは別名の『PRECO RECORDS』と言うレーベルも運営しております。絶望と絶倫の狭間を彷徨い続けること早十数年、ショップのほうは今年で15年目、レーベルのほうは今年で10年目を迎えました。

そんなわたくしが今回からsoundropeに寄稿させていただくことになりました。soundropeの読者の皆様の中に大勢いらっしゃると思われる、クラブ・ミュージック系のDJの方やリスナーの方には当方はあまり馴染みの無い店やレーベルかと思いますが、クラブ・シーンとは少し異なる視点から、少しでも何かのお役に立てるようなことや、新たな出会いのきっかけとなれるようなことをご紹介出来たらと思います。よろしくお願いいたします。

基本的にLINUS RECORDSは海外のインディーものを中心とした輸入盤店なのですが、自身のレーベルPRECOをはじめ国内のいくつかのエレクトロニカ~アンビエント~ポスト・ロック系のレーベルのタイトルも取り扱っています。今回から何回かに分けて、輸入盤店の当店でも推していて、個人的にもリスペクトしている、「エレクトロニック・ミュージックを中心に、国籍、ジャンル、シーンの枠に縛られず良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル」と、そのいくつかのリリース作品をご紹介させていただきます。

PRECO RECORDS

まずは最初は手前味噌ながら、当方が主宰するレーベル『PRECO RECORDS』。

スクリーンショット 2015-06-22 11.47.21

2005年に立ち上げ、今年で10周年。これまで日本国内のアーティストだけでなく、イングランド、ニュージーランドなどの海外のアーティストもリリース。ビートの効いた電子音楽でもフロア向けのダンス・ミュージックではない、いわゆるリスニング・タイプのエレクトロニカや、バンド形態のインストのポスト・ロック、その両方のテイストがブレンドされた電子音+生音のメロディックなサウンドの作品を中心にリリースを続けています。

代表作として、日本のエレクトロニカを代表するアルバムと言っても過言では無いaus『Lang』(2006年作)、メジャー・シーンで活躍するロック・バンドSTRAIGHTENERのホリエアツシのソロ・プロジェクトentのデビュー作『Welcome Stranger』(2009年作)などが、大手外資系ショップを中心に好セールスを記録しました。

その他にもTatsuki Hamasaki、fusigi、smoug、fredricson、interior palette toeshoes、ryu furusawa、Motoro Faamなど、日本国内だけでなく海外にも流通されているPRECOの日本人アーティストのアルバムは、アジア~欧米のリスナーやインディー系のウェブジンなどでも高い評価を得ています。

2015年4月リリースの現時点でのレーベルの最新作、5人組ポストロック・バンドsmougのリミックス盤は、aus、Ametsub、mergrim、Cuusheなど、今の日本のエレクトロニカ~エレクトロニック・ミュージック・シーンで活躍するアーティスト達が参加。ausはflau、mergrimはmoph recordstとレーベルを主宰するミュージシャンでもあり、現行のシーンで活躍するアーティスト~レーベルとの横の繋がりによって生まれた豪華なリミックス盤となっています。

aus『Lang』

欧州ツアーを行なうなど諸外国にもファンの多いausの2006年作のアルバム。いまだに色あせない日本のエレクトロニカと言えばコレというくらいの大傑作盤。

ent「Silver Moment」

メジャーで活躍するバンドとは異なる、ジェントルでポップな面を見せたデビュー作。アメリカの人気インディー・レーベルn5MDからUS盤もリリースされました。

出典:YouTube

smoug「The Long Morning Counterclockwise (feat.Cuushe)」

5人組バンドsmougのリミックス盤に収録の、オリジナルのインスト・トラックにausのレーベルflau所属の女性アーティストCuusheをフィーチャリングしたヴォーカル・バージョン。本作は富山のレーベルTOKEI RECORDSからヴァイナルでもリリースされています。

出典:Soundcloud

Tatsuki Hamasaki「Another Memory」

15年以上活動を続ける神奈川の3人組バンドmiaouのギタリスト/コンポーザーTatsuki Hamasakiの初ソロ作。心地良い響きに満ちた夢見心地な世界。

出典:YouTube

fusigi「Dot Communication」

都内を中心に活動を行っている、Naomichi Yoshidaのソロ・プロジェクトfusigiのデビュー作。ポップできらびやかなエレクトロニカ+ポスト・ロック。

出典:Soundcloud

fredricson「Eyeme」

レミ街、tigerMosといったバンドでも活動する名古屋の才人Masahiro Arakiのソロ・プロジェクト。トリッキーかつリズミカルなビートと、イマジネーション溢れる美しいサウンドで躍動するアブストラクト・エレクトロニカ~IDM。

出典:YouTube

The Mistys『Redemption Forest』

UKマンチェスターの人気エレクトロニカ・デュオThe Boatsのメンバーとしても活躍しているAndrew Hargreavesが、女性ヴォーカルBeth Robertsと結成したThe Mistysの1stアルバム。Björk、Portisheadなども彷彿させる、キュートなポップ感や妖艶な美しさ、ダークで内省的なムードまでもが絶妙に溶け合ったエレクトロニック・ロック~エクスペリメンタル・ロック。

出典:Soundcloud

全作品はご紹介しきれませんが、もし気になられましたらぜひ他のタイトルもチェックしてみてください!店のレーベルですので当然LINUS RECORDSですべて取り扱っております。

LINUS RECORDSののウェヴサイトをチェック

この記事をSNSでシェア!