• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

DJプレイも可能なPioneer DJのお手頃ターンテーブル『PLX-500』リリース

以前に特集記事で紹介したPioneerのターンテーブル「PLX-1000」の弟分ともいえる「PLX-500」が発表されました。プロフェッショナルモデルPLX-1000の音質設計を踏襲したPLX-500にはUSB端子が搭載されており、直接PCに接続してアナログレコードのサウンドをオーディオファイル化することも可能です。録音したオーディオファイルは、音楽管理アプリ「rekordbox」で管理することができます。

出典:YouTube

ダイレクトドライブ方式のPLX-500は、DJプレイにも対応。販売価格は4万円前後ということなので、アナログレコードでDJを始めたいという方には、ファーストチョイスのターンテーブルとなりそうです。

カラーは王道のブラックと、可愛らしいホワイトの2色が用意されているので、レコード女子にもオススメですね。ちなみにダストカバーは、レコードジャケットを立て掛けられるオシャレ仕様。PLX-500の発売開始は、9月上旬が予定されています。

主な仕様

  • 出力端子:RCA(×1)、USB-B(×1)
  • 駆動方式:サーボ式ダイレクトドライブ
  • 回転数:33 1/3rpm、45rpm、78rpm
  • 回転数調整範囲:±8%
  • S/N 比:50dB以上
  • ターンテーブル:アルミダイキャスト
  • 直径:332 mm
  • 起動トルク:1.6kgf・cm以上
  • カラー:ブラック、ホワイト
  • 重量:10.7 kg
  • サイズ(W×H×D):450 × 159 × 368 mm

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!