• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

VJできるシンセサイザー!?音と映像を作れる1台2役のシンセ「OP-Z」

ちょっと奇抜な楽器のリリースで注目を集めるTeenage engineeringから、またしても気になるプロダクトが発表されました。先週開催されたNAMM Show 2016で発表された「OP-Z」は、シーケンサー搭載の16トラック・マルチティンバー・シンセサイザーです。

「OP-Z」の詳細は発表されていませんが、海外メディアのcuckoomusicによる、Teenage engineeringの出店ブースのリポート動画がアップされているので、こちらでチェックしてみてください。

出典:YouTube

ご覧の通り「OP-Z」の特徴は、ビデオシンセサイザー機能を搭載している点です。ビデオシンセサイザーといえば、以前に紹介したCritter & Guitariの「Rhythm Scope」という製品があります。

「OP-Z」と「Rhythm Scope」は方向性が違いますが、やはりユニークな製品をリリースするメーカー同士とあって、製品開発に対する思考は近いのかもしれませんね。

トラックを作ってVJもできる「OP-Z」は、これまでにはない発想のかなり前のめりなプロダクトですが、これだけでかなり遊べそうです。サウンドはもちろんですが、映像でどこまで遊べるのかはとても興味深いですね。今後の情報に注目です。

この記事をSNSでシェア!