• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

ギタリストなら試す価値あり!iPhoneやiPadをアンプシュミレーターに変えてくれるアプリ『Mobile POD』

iPhone 5や第4世代のiPadから搭載されたLightningコネクタに正式対応した初のオーディオ・インターフェイスとしてご紹介したSONIC PORT Reviewの続編として、LINE 6のiOSアプリ「Mobile POD」をご紹介します。

Mobile PODはSONIC PORTとの併用によりギターアンプ・シュミレータを代表するPODシリーズと同様の使用が可能となりますが、そもそもiOSを使用して外部レコーディングを行う場合は、どうすればよいのか?と言う疑問をお持ちの方も多いはずです。

このような疑問の解消も含めて説明を行いたいと思います。

音楽系iOSアプリの標準規格「Audiobus」とは?

iOSではパソコンのMac OS Xのように複数のアプリケーションを同時に表示させることができませんが、マルチタスク機能により、バックグラウンドではアプリケーションが起動している状態となります。

これにより、ミュージック・アプリで音楽を再生させながら、ウェブサイトを閲覧したりと言うことが可能となっているわけですが、音楽系iOSアプリも同様に機能します。

iOSでの音楽制作を考えた場合、GarageBandやCubasisのみを使用して楽曲の制作は行えますが、これらのアプリだけでは物足りなさを感じてしまいます。iOSの音楽系アプリには革新的な機能を持ったアプリが多く存在しますが、これらを多用して音楽制作をしたいと言う願いを叶えてくれるのが、Audiobusなのです。

mobilepod-review1

AudiobusはINPUT、EFFECTS、OUTPUTの3つの階層に分かれていて、画像ではINPUTにドラム・アプリのDM1を、EFFECTSにはマルチ・エフェクターのEcho Padを、OUTPUTにはGarageBandを挿入しています。

これにより、DM1のドラム・サウンドにEcho Padのエフェクトを加えてGarageBandへ録音できるので、アプリのポテンシャルをさらに引き出すことが可能となります。

現状すべての音楽系iOSアプリがAudiobusに対応しているわけではありませんが、今後より多くの音楽系iOSアプリがAudiobusへ対応して行くと考えられます。Audiobusへの対応の有無はアプリ選びの1つの基準と言っても過言ではないでしょう。

Mobile PODを使用したレコーディング

mobilepod-review2

もちろんMobile PODもAudiobusに対応しています。Mobile PODはエフェクト・アプリなので、AudiobusではEFFECTSに挿入されると思ってしまいますが、INPUTに挿入して使用します。

Mobile PODはSONIC PORTとの併用が考えられており、Audiobusで使用する場合は、SONIC PORTから入力された外部のサウンドが、Mobile PODを経由してエフェクト加工された1つの音源として認識されるため、INPUTにカテゴライズされるのです。

上部の画像のセッティングでSONIC PORTにギターをインプットしてMobile PODを使用することで、エフェクト処理されたギター・サウンドをGarageBandに録音することができます。

プリセットの管理性に優れたLibrary

mobilepod-review3

Mobile PODには32種類のアンプと16種類のストンプボックス&ラック・エフェクト、16種類のスピーカー・キャビネットが搭載されており、これらの組み合わせによる、アーティストなどがデザインした10,000以上のプリセットや、オリジナルのプリセットをLibraryで分かり易く管理することができます。

プリセットの呼び出しは非常に簡単で、画像の赤枠部の上下の矢印をクリックすることで、すぐにプリセットを変更できます。

mobilepod-review4

また画像の黄枠部をクリックすると、Libraryにアクセスします。Libraryには、ユーザーのプリセットを保存するUser Tonesをはじめ、FactoryプリセットやStyle、Band別のプリセットと、非常に分かり易く表示されます。

お好みのプリセットを選択したら、右下の完了ボタンをクリックすることで、プリセットがロードされます。

視認性の高いコントロール画面

Effect-Board

ロードされたプリセットは下部にエフェクトボードが表示されます。たとえば、エフェクトボード内でディレイを選択すると画面上部にディレイがフォーカスされ、ディレイの各コントロールを行うことができます。

また画像の黄枠部をクリックするとアンプ、キャビネット、エフェクターのセレクト画面が表示されます。

mobilepod-review6

表示されたエフェクターからお好みのエフェクターを選択して、画面右上の完了ボタンをクリックすることで、エフェクターの差し替えを行うことができます。

このようにロードしたプリセットのアンプ、キャビネット、エフェクターの一部を差し替えて、オリジナルのプリセットとして保存することもできますね。

バックグラウンド・オーディオに対応

mobilepod-review6

画面右下の黄枠部をクリックするとミュージック・アプリにアクセスし、お好みの楽曲を再生させながらギターの演奏を行うことができます。

再生中の楽曲には、ループの設定が行えるので、楽曲中のお好みのポイントのみをループ再生させて、演奏を行うこともできます。

iPadとiPhoneの設定画面では、Mobile PODの設定を行うことができるのですが、メニュー内のバックグラウンドオーディオをオンにすることで他の音楽系アプリを再生させながらMobile PODを使用することもできます。

このようにMobile PODとSONIC PORTにより、お手持ちのiPadとiPhoneを手軽にLINE 6のPODシリーズとして使用できます。SONIC PORTをポケットに忍ばせて、ライブやリハーサルへ向かうことができるので、荷物も少なくセッティングにも手間が掛りません。

SONIC PORTの登場により、ギタリストのスタイルに新たな選択肢ができましたね。

 

この記事をSNSでシェア!