• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

良質な電子音楽をリリースする日本のインディー・レーベル。癒しと安らぎを与えてくれるアンビエント作品達

「エレクトロニック・ミュージックを中心に、国籍、ジャンル、シーンの枠に縛られず良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル」をご紹介させていただくシリーズの第6回目は、世界中の様々な国のレーベルから作品をリリースしている、日本を代表するアンビエント/ドローン・アーティストChihei Hatakeyamaが主宰する東京の『White Paddy Mountain』。

White Paddy Mountain

どちらかと言えば、エレクトロニック・ミュージックよりアンビエント・ミュージックのリリースが中心ですが、アンビエント、電子系から、フォーキーなうたものや、インディー・ポップな作品まで柔軟な姿勢で幅広くリリース活動を展開しています。

当初はChihei Hatakeyama自身の作品をデジタルでリリースするレーベルでしたが、2013年からCDでのフィジカル・リリースもスタート。その後は1〜2ヶ月で1タイトル程のペースで順調なリリースを重ね、2015年末現在ですでに25タイトル以上のCDでのリリースがあります。エクスペリメリタルな音楽のシーンだけにとどまらない、広い視点で世に作品を発信し続ける今後のリリースも注目のレーベルです。

Ken Ikeda + Chihei Hatakeyama: Moss

現時点でのレーベルの最新作となる、ロンドン在住の電子音楽家Ken Ikedaと、レーベル主宰者のChihei Hatakeyamaのコラボレーション・アルバム。ミニマルなシンセやギターも使った優美なアンビエント・サウンド。

出典:Soundcloud

sleepland : for Silentseeing

UKのレーベルなどからもリリースしている、兵庫のKengo Yonemuraによるsleeplandの2015年作のアルバム。「Silent」と「Sightseeing」を組み合わせたアルバム・タイトルの「Silentseeing」の通り、まさに静寂の中を遊覧しているようなドリーミーで美しいアンビエント〜ドローン作品。

出典:Soundcloud

FJORDNE : Moonlit Invocation

これまでベルギー、アメリカ、シンガポールなど様々な国のレーベルからリリースしてきた、東京のShunichiro FujimotoによるFJORDNEの2015年作のアルバム。古いジャズのレコードからサンプリングしたサウンドと、ブレイクビーツや自身の演奏によるピアノをミックスした、ジャジーなダウンテンポ〜ブレイクビーツ〜エレクトロニカ。

出典:Soundcloud

NOGAWA kazune : Koo She

カセット・テープ・レーベルstuk Labelを主宰している、東京のNOGAWA kazuneの2015年作のアルバム。多彩なパターンのリズミカルなビートと、コズミック&ドリーミーなエレクトロニック・サウンドで鮮やかに繰り広げられる、メロディックなエレクトロニカ。

出典:Soundcloud

Federico Durand : La estrella dormida

アルゼンチンのアーティストFederico Durandの2014年作のアルバム。ピアノ〜ギターなどの繊細な生楽器の音色と、柔らかいエレクトロニック・サウンドを組み合わせたドリーミーなアンビエント作品。

出典:Soundcloud

May Lilyq : Trick or Sweet

術ノ穴、Artlism.JPなどのコンピに参加していた女性アーティストMay Lilyqの2014年作の1stアルバム。キャッチーなポップ感と独特の感性を持った、エキセントリックかつキュートなエレクトロニック・ミュージック。

出典:Soundcloud

Machinefabriek : Halfslaap II / Stiltetonen

世界中の様々なレーベルから多数のソロ作品・コラボ作品をリリースしているオランダのMachinefabriekの2014年作のアルバム。ヴァイオリン、ピアノの荘厳なサウンドと、わずかなサイン波などによる、クラシックとミニマルなアンビエント・サウンドが出会った音響作品。

出典:Soundcloud

555 : Solar Express

USミネアポリスのサイケ・バンドFood Pyramidのメンバーでもある、Chris Farstadのソロ・プロジェクト555の2013年作の1stアルバム。スペース・ロック、ジャーマン・エレクトロ、クラウト・ロックなどのテイストも消化した、コズミックなシンセ・アンビエント・サウンド。

出典:Soundcloud

一部のリリース作品をご紹介させていただきましたが、他にもまだ多くの好盤がございますので、もし気になられましたらぜひチェックしてみてください!レーベルのオフィシャル・サイトの他にも、Bandcampでもデジタル/フィジカルで音源が入手可能です。

White Paddy MountainのBandcampをチェック

また、レーベル・オーナーの畠山地平氏はマスタリング/レコーディング・エンジニアとしても活躍中で、これまで自身の作品のみならず、100作品以上を世に送り出しています。アーティスト/レーベル関係者のかたでご依頼ご希望の際は、下記リンク先のサイトからお問い合わせが可能です。

Chihei Hatakeyama Masteringのウェブサイトをチェック

この記事をSNSでシェア!