• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

エレクトロニック・ミュージックを中心に良質な作品のリリースを続ける日本国内の インディー・レーベル [Vol.3]

「エレクトロニック・ミュージックを中心に、国籍、ジャンル、シーンの枠に縛られず良質な作品のリリースを続ける日本国内のインディー・レーベル」を紹介するシリーズの第3回目は、京都を拠点に活動を続けるイベント&レーベル「night cruising」。

2006年より数々の国内外アーティストを招き、クラブ、カフェ、寺院、ホールなど様々な会場でイベントをオーガナイズ。海外アーティストのジャパン・ツアーも含む数多くの主宰イベントは、地元京都だけでなく全国各地でも開催。そして活動開始から6年を経た2012年から、イベントと同名のレーベルも始動。2012年リリースの第1作目のコンピレーション・アルバム『tone』を皮切りに、京都の気鋭のアーティスト達や、欧州のアーティストの作品などのリリースを続けている。また、これまでのイベント主催・制作の経験を生かし、様々な会場でのイベント音響(ライブPA、エンジニア・機材手配)も手掛けている。今後もイベントとレーベルの両方を軸とした活動が期待される。

V.A.『Night Cruising Compilation – Tone』

レーベルのリリース第1弾となった、それまでのnight cruisingのイベントゆかりの京都のアーティスト達が多数参加した、全曲エクスクルーシブのコンピレーション・アルバム。穏やかで心地良いアンビエントな空気感で統一された、ソフトで優しいエレクトロニック・サウンドのトラックが揃った好コンピ盤。

出典:YouTube

Marihiko Hara 『Flora』

US、UK、ベルギー、マレーシアなどなど様々な国のレーベルからリリースする、京都の才人Marihiko Haraの2013年作のアルバム。音量を抑えた静ひつなピアノと、微かなエレクトロニック・サウンドによる、繊細で美しいピアノ作品~アンビエント作品。

出典:YouTube

LOD『mooi』

SonarやTime Warpなど世界各地のフェスにも出演している、スペイン領グラン・カナリア島在住のアーティストLuis OrtizによるLODの2013年作のアルバム。ウォーミーな穏やかさや美しい安らぎのある、ミニマル・エレクトロニカ~アンビエント・エレクトロニカ。flauのCuusheが1曲ゲスト・ヴォーカルで参加。またAOKI takamasaによるリミックス・トラックも収録。

出典:Vimeo

Springintgut & F.S.Blumm 『The Bird And White Noise』

CCO~自身のレーベルPingipungからリリースしているSpringintgutと、PingipungやMorr Musicをはじめ様々な良質なレーベルからリリースしているF.S.Blummの、ドイツのアーティスト2人によるコラボ・アルバム。心地良いアコースティック・サウンドと、繊細なエレクトロニック・サウンドが融合された、フォーキーな要素を持ったエレクトロニカ~エクスペリメンタル作品。本作はヴァイナルのリリースも有り。

出典:Soundcloud

Polar M 『Hope Goes On』

Marihiko Haraとの共作アルバムもリリースしている、京都のPolar Mの2014年作のアルバム。アコースティックギター、ピアノなどの美しい生楽器と繊細な電子音を精巧に組み合わせた、シネマティックで儚いエレクトロ・アコースティック。

出典:Soundcloud

Omni Sight『Eternal Return』

2015年9月リリースの現時点でのレーベルの最新作となる、7人組インスト・バンドL.E.D.のリーダー佐藤元彦と、Boom Boom Satellitesのサポート・ドラマーを10年以上務めていたドラマー平井直樹によって京都で結成された2人組Omni Sightのデビュー・アルバム。フロア仕様のダンス・ミュージックと、リスニング向けのアンビエントで心地良い電子音響サウンドがミックスされた、ダンサブルで洗練されたエレクトロニック・ミュージック。

出典:Soundcloud

フォーク、クラシック、アンビエントなどのテイストを取り入れたリスニング・タイプの作品がある一方で、やや硬質なビート作品、クロスオーバーした多彩でダイナミックなサウンドのエレクトロニック・サウンドの作品もあり、個性豊かな良作のリリースを続けています。もし気になられましたらそれぞれのリリース作品をぜひチェックしてみてください!

night cruisingのウェブサイトをチェック

また、Springintgut & F.S.Blummとしてnight cruisingからリリースしているF.S.Blummが、別プロジェクトのBobby And Blummで今秋来日公演を行ないます。その京都公演はnight cruisingプレゼントで、11月14日(土)に京都 法然院で開催。共演には宮内優里が登場。11月18日(水)の富山公演は、筆者もメンバーもsmougがサポートします。この機会をお見逃しなく!


night cruising 9th anniversary

「Bobby And Blumm Japan Tour 2015 京都公演」

日時:2015年11月14日(土) 18:00open/18:30start
場所:法然院 大書院 http://www.honen-in.jp/
出演:Bobby And Blumm・宮内優里
料金:前売り¥3,500 / 当日¥4,000
前売りメール予約:
info@nightcruising.jp(night cruising)まで、件名を「11/14 法然院」とし、お名前/人数/連絡先を明記の上、送信下さい。3日以内にご予約確認の返信メールをさせていただきます。

*Bobby And Blumm Japan Tour 京都公演以外の情報はコチラ↓
http://www.tetorecords.com/bobby-and-blumm-japan-tour-2015/

トップ画像出典:night cruising

この記事をSNSでシェア!