• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

ミックスに絶妙なスパイスを与えてくれる無料VSTエフェクトプラグイン10選

プラグインを入手しようと思った時に最も難しく悩ましいことは、数あるプラグインの中からいったい何をチョイスすれば良いのかということではないでしょうか?ここでは、そんな方に選りすぐりのプラグインをご紹介します。しかもどのプラグインも無料です!

今回のセレクションのテーマは「エフェクト」です。あなたのミックスをより引き締め、エネルギーと魅力を与えてくれる10個のプラグインをセレクトしてみました。

1. VALHALLA FREQ ECHO

Freq Echoは、コーラス・フェイザー・フランジャーのエフェクト機能を搭載した、周波数可変アナログエコーエミュレータです。ワイルドなグリッサンド・サウンドや、まるで走り去っていくかのようなエコーサウンドを是非お試しください。

Freq Echoは、Dubやサイケなエフェクト効果には抜群の威力を発揮します。ベースラインの強調・強化にも使える優れものです。エレクトロ・ミュージックの先駆者 Delia Derbyshire 好きなら、絶対気に入るはずです。

互換:Mac Os、Windows (VST/AU in 32 and 64-bit, AAX 64-bit, RTAS)

ダウンロードはこちらから

2. FUZZPLUS3

Audio Damage社のFuzzPlusディストーション・ペダルエミュレータの最新版。シンセやドラムサウンドを肉付けするのに驚異的な効果をあげるディストーション・エフェクトです。信号発振によるフィードバックサウンドも可能。

Korg MS-20 スタイルのロー・パス・フィルターもあり、プリセットも自分でセーブしたものも使用可能です。

互換:Mac OS、Windows (VST/VST3/AU 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

3. MH THUMP

MH Thumpは、ドラムトラックなどの音声信号を分析するオーディオプロセッサプロセッサーです。トラックに豊かな低域をもたらし、まるでビンテージのドラムマシンTR-808で得られるような鼓動を再現してくれます。

MH Thumpは、低周波信号を合成して付加し、サウンドにコクを与えます。独立した2つのオシレータを装備しており、微調整を可能にするたくさんのノブを備えています。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

4. KRUSH

Krushは非常に面白いビットクラッシャーで、デジタルビットを劣化させたローファイなサウンドを作り出します。Krushは”drive”と”resonant fiter”との組み合わせによって、まるでアナログエフェクトを通したかのような温かみを得ることもできます。そのような効果が得られることこそ、Krushが「とてもエレガントなビットクラッシャー」と呼ばれる所以です。

“DRY”と”WET”の両フェーダーを用いてオリジナル音とエフェクト音のサウンドバランスをコントロール可能。”MODULATIONS”は、自由設定と同期が選べます。セーブもプリセットのリコールも簡単に操作できます。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

5. TSC

新たなオーバードライブ・エフェクト・プラグイン、それがMercuriall社のTube Screamer 808です。伝説の名機 Ibanez TS-808ペダルのサウンドをモデリングしたTube Screamer 808は、あなたのギターサウンドをよりグランジに。

真ん中にあるメタルスイッチで”808″と”MOD”の各モードを切り替えることができ、”MOD”モードでは若干ダークなサウンドが得られます。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

6. PECHENEG TREMOLO

Pechenegはトレモロエフェクトです。これを使えばリズミックなモジュレーションサウンドを作り出すことが可能です。 “Tempo”セクションでは、”Note”(音符の長さ)か”Frequency”(周波数)を選ぶことにより、その振幅を操作します。

まるでLFOを操作するがごとく、Pecheneg Tremoloを使って波形を変えることもできます。このエフェクトはあなたのトラックによりグルーヴをもたらし、シンセやベースラインがより生き生きとするはずです。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

7. TAL CHORUS -LX

TAL‘s stereo Chorus-LXは、Roland Juno-60に搭載されていたコーラスにインスパイアされたコーラスエフェクトです。シンプルですが強力なツールです。コーラスには”I”と”II”の2つの異なったモードがあり、それを個別に、または両方同時に使うことができます。

エフェクト効果のさじ加減は”DRY/WET”ノブで調整。ベースをちょっとゴリッとさせたりシンセにちょっと艶が欲しい時に使ってみてはいかがでしょう。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

8. TDR NOVA

TDR Novaは4バンドのダイナミックEQです。まさに使える働き者です。ドラムトラックのサウンドを明瞭にしたり、必要に応じて任意の周波数帯域をブーストしたりということができます。

どんなクリエーターも「これぞ欠かせないEQ」というものを求めるものですが、まさにこれもその一つです。正確なイコライジングを施すためにスぺクトラム・アナライザーがビルトインされています。他にもプリセットマネージャー、A/B比較、アンドゥ/リドゥーなど、機能は充実しています。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

9. PROTOVERB 1.0

Protoverb 1.0 by U-Heは少し変わったタイプのリバーブです。Protoverbがクールなのは、あなたが作成したランダムなセッティングから気に入ったものをセーブできるという点です。

このプラグインの精神は試行錯誤。お気に入りのセッティングが見つかったら、そのセッティングをボタン一つでシェアすることができます。

互換:Mac OS、Windows、Linux (VST/VST2/AU/AAX 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

10. PANCAKE 2

最後になりましたが疎かにできないものをご紹介します。これは恐らく今まであなたが探した中でも最もフレキシブルな操作性をもったパンニングエフェクトです。

PanCake 2はパンニング・モジュレーションのカーブをマニュアルで描くことが可能で、またランダムな変調をジェネレートすることもできます。とても使いやすく、とても視覚的です。PanCake 2のLFOはお使いのDAWと同期可能です。劇的な効果を得たい時は鋭く、なめらかな効果を得たいときはスムーズに、お好みでパンを操作してください。

互換:Mac OS、Windows (VST/AU in 32 and 64-bit)

ダウンロードはこちらから

あなたのミックスを豊かなものに~

今回は、皆さんに気に入ってもらえそうな10個のVSTエフェクト・プラグインをセレクトしてみました。エフェクト・プラグインを入手するのに何万円、何十万円と掛ける必要がないのはとてもありがたいことですね。是非とも10個すべてのエフェクト・プラグインを試してみてください。きっとお気に入りが見つかるはずです。

こちらの記事でも、10個の無料プラグインを紹介していますので、是非チェックしてみてください!

今すぐ無料でマスタリングを試す

引用元:Landr
ライター:Leticia Trandafir

この記事をSNSでシェア!