• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

ゲームウォッチにインスパイアされた手のひらサイズのお手軽ドラムマシーン PO-12

今年のMoogfestでプロトタイプが初お披露目となったTeenage EngineeringのPO-12。PO-12は、OP-1やOplabなどカッティングエッジなプロダクトで有名なTeenage Engineeringの新製品のドラムマシーンです。

このドラムマシーンは、任天堂が1980年から発売したゲーム&ウォッチにインスパイアされました。このキュートな小ささと自立できるスタンドが付属されているのはそれが理由です。

それでは気になるサウンドはどうでしょう?OP-1のハンズオン動画をはじめ、たくさんのクールなビデオをアップロードしている、CUCKOOさんのスニークピークを見てみましょう。

出典:YouTube

サウンドは程よいチープさがありながら、それでいて存在感があります。特にキックとスネアは、ドラムマシーンとしてすぐに使えそうなサウンドです。

他の音もグリッチーなもの、ローファイなものもあり興味深いサウンドです。まさに、OP-1を生み出したTeenage Engineeringが送り出すドラムマシーンという感じです。

出典:YouTube

Moog MusicのMinifoogerとPO-12のコラボもとても興味深いですね。このセットだけどもだいぶいけてます。

いつでもどこでもビートメイキングを楽しめるPO-12は、2015年内発売予定で、値段はなんとUS$50になるとのことです。

今から発売が待ちどおしい一品です!

この記事をSNSでシェア!