• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

ドラムなどの多チャンネルのレコーディングに。コストパフォーマンスに優れた万能型オーディオI/O『US-20×20』

レコーディング機器の製造メーカーTASCAMから20イン20アウトの豊富な入出力を搭載したオーディオインターフェイス『Celesonic US-20×20』がリリースされました。192kHzフォーマット対応のUS-20×20は、オーディオインターフェイス以外の機能としてマイクプリモード、ミキサーモードを搭載しており、iPadなどのiOSでの使用にも対応した、超万能タイプのオーディオインターフェイスです。

8基のマイクプリアンプを搭載したマイク、ライン入力のヘッドルームは20dB に設定されており、ドラムや業務用機器の瞬間的な高レベル入力にも対応します。各チャンネルにEQ/コンプ、さらにリバーブエフェクトを装備したDSPミキサーを搭載しており、スタジオクラスの制作で必要とされる多チャンネル伝送も可能です。

teac-us-20x20-1

入出力系統には、アナログだけでなくCOAXIALおよび光デジタル端子によるデジタル入出力、ワードクロック端子によって様々な音響機器と接続できます。スタジオと一般的なユーザーの両方のニーズに応えたUS-20×20は、まさに超万能型のオーディオインターフェイスで、これ以上ないくらいの入出力と機能が搭載されています。しかも、これほど多機能なのに、市場価格はなんと¥54,000前後。この価格でスタジオ環境が整ってしまうUS-20×20は、多チャンネルを要するバンドなどのレコーディングに最適なオーディオインターフェイスです。

主な特長

  • 8基のマイクプリアンプ、8 系統のXLR/TRS および2 系統のTRS 入力端子を搭載
  • インターフェイス/マイクプリ/ミキサーの3つのモードで使用可能
  • 最大24bit/192kHzフォーマットのハイレゾ録音に対応
  • iPadなどのiOSデバイスで使用可能
  • +48V ファントム電源の供給が可能
  • ギターの直接入力に対応
  • 2系統の70mW + 70mW ヘッドホン出力端子を搭載
  • ラインとヘッドフォン出力の音量を個別にコントロール可能
  • MIDI入出力端子
  • DSPミキサー経由での低レイテンシーモニタリング
  • 各入力チャンネルに4バンドEQ/コンプレッサーを装備したDSP ミキサー
  • モニタリング、PA/SRに活用できるオンボードリバーブを搭載
  • DSPミキサーの設定を記憶できるシーンメモリー機能
  • 10系統のTRSアナログ出力端子
  • S/PDIF COAXIAL デジタル入出力端子
  • TOS LINK 光デジタルマルチチャンネル入出力端子(SMUX2/SMUX4 対応)
  • BNC WORDCLOCK 入出力端子
  • ラックマウントアダプター付属
  • AC アダプター付属

主な仕様

  • 消費電力:20W
  • 外寸:445(W)×59(H)×222(D)mm
  • 質量:2.7kg

メーカーサイトで詳細をチェック

画像出典:TEAC

この記事をSNSでシェア!