• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

コンパクトなのにシーケンスも組めてしまう注目のガジェットシンセ『Synthino XM』がリリース

ミネアポリスを拠点とする DIYキットメーカーの Michael Krumpus(nootropic design)と Alex Dyba(GetLoFi)が、KickStarter のプロジェクトで発表したシーケンサー搭載のシンセサイザー『Synthino XM』。Synthino XM は、見事に目標金額を達成してプロジェクトは終了となりましたが、いよいよ一般向けの販売が開始されます。

Synthino XM は、5ノートのポリフォニック・シンセサイザーで、4トラックのシーケンサーを搭載しています。

出典:YouTube

コンパクトなボディにシーケンサーまで搭載されたシンセサイザーの Synthino XM は、これ1台でサウンドの演奏データを入力することができるので、ライブパフォーマンスから楽曲制作まで幅広く活躍してくれそうです。
Synthino XM のようなガジェットシンセは、価格のわりにサウンドのクオリティが良い製品が多い印象です。このサウンドクオリティと共に、シンプルな操作性も人気を後押ししているようです。今後も手軽に楽しめるガジェットシンセのリリースに注目です。

Synthino XM の販売開始は5月下旬からで、価格は $139。現在メーカーのウェブサイトで予約受付中です。

主な特徴

  • 5ノートのポリフォニック・シンセサイザー
  • 12個のウェーブフォーム、4つのドラムサンプル
  • 12-bit オーディオ、25KHz アウトプットレート
  • 4つのMIDIチャンネル、ADSR エンベロープを搭載した個別の波形
  • カットオフ・フリーケンシーとレゾナンス・コントロールを搭載したローパスフィルター
  • 2つの独立した LFO:ピッチとフィルターに対応
  • 波形の選択が可能な LFO
  • up, down, up-down, random の4 つのアルペジエーターのパターンを搭載
  • 16ステップシーケンサー「groovebox」を搭載
  • USB 経由でプログラムとアップグレードが可能

メーカーサイトで詳細をチェック(英語)

参照:Synthtopia

この記事をSNSでシェア!