• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

バケツや廃材を叩いてグルーヴ感あふれるテクノ・トラックを生み出して道行く人々を釘付けにするストリート・ドラマー

世界中にはたくさんのミュージシャンがおり、そのジャンルやスタイルは星の数ほど存在します。

ミュージシャンは、一般的には環境が整ったライブハウスやクラブなどのステージでオーディエンスを盛り上げ、そのステージが大きければ大きいほど多くのメディアに取り上げられ、世界中へ発信され、さらなる注目を集めます。

しかし、確かな実力がありながら、独自の思想やスタイルからあえてそのようなステージには立たずに、ストリートで素晴らしい音楽を表現するミュージシャンも数多く存在します。

こちらのビデオで紹介するドラマーも抜群のテクニックで、道行く人々を魅了しています。

出典:YouTube

素晴らしいグルーヴですね。ドラムではなく、道ばたに落ちていたであろバケツや廃材を用いて、オリジナルなトラックを作り上げています。

モノには固執せず電気も必要としない、ある種究極なスタイルですね。音楽は本来このくらい自由なものなんだなと改めて考えさせられます。

独自のスタイルで素晴らしい音楽を届けるストリートミュージシャンにリスペクト!

この記事をSNSでシェア!