• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

組み立てから楽しめるDIYレコードプレイヤー「SPINBOX」。耐水性の紙素材ボディにスピーカーを内蔵したオールインワン・モデル

Kickstarterでのプロジェクトの成功により、世界中で話題を集めた、組み立て式のレコードプレイヤー「SPINBOX」の国内販売が、いよいよ開始されます。

SPINBOXのパッケージには、ターンテーブルやアンプ、スピーカーなどのオールインワンタイプのプレイヤーに必要な全てのパーツが含まれており、プレイヤーの組み立てから楽しめます。その組み立てはとても簡単で、わずか20分ほどで完成。組み立てが完了したら、すぐにレコードを聴くことができます。

レコードプレイヤーのボディには、高品質な耐水性の紙素材が用いられており、丈夫で軽量。USB電源で駆動するSPINBOXにはmicro USB端子が装備されており、モバイルバッテリーの使用も可能です。

また、カラーバリエーションも豊富で、ブラック、キャラメル、マーブル、キャンバスの4つのカラーがラインナップされています。

真っ白なキャンパスは、写真のようにステッカーを貼ってデコレーションすることも可能です。

さらに、SPINBOXは、その名の通りスクラッチも楽しめる優れもの。ポータブル・クロスフェーダーと組み合わせることで、スクラッチを楽しむこともできます。

SPINBOXの発売日は、2018年5月下旬を予定しており、価格は¥15,000(税抜)。現在予約受付中なので、気になる方はメーカーサイトをチェックしてみてください。

デザイン性、機能性、モバイル性と、どの観点から見ても優れものなSPINBOX。レコード本来の魅力に、新しい価値を追加してくれる全く新しいレコードプレイヤーとして、要注目のアイテムです。

主な特徴
  • 組み立て式のポータブル・レコードプレイヤー
  • 高品質で耐水性の紙素材を使用したボディ
  • 4つのカラーバリエーション(ブラック、キャラメル、マーブル、キャンバス)
  • 7インチ、10インチ、12インチのレコードを再生可能
  • ステレオスピーカーを内蔵
  • モバイルバッテリーの使用も可能なUSB電源駆動(micro USB端子)
  • スマートフォンなどを接続してSPINBOXの内蔵スピーカーから出力可能な、外部入力端子を装備
  • ライン出力/ヘッドフォン端子(共用)を装備し、レコードを外部スピーカーでリスニング可能
主な仕様
  • 本体サイズ(W x D x H):321 x 283 x 101mm
  • 重量:約1.2kg
  • 回転数:33 1/3、45、78
  • 音声端子:ライン入力(ステレオミニ端子)、ライン出力/ヘッドフォン共用端子(ステレオミニ端子)
  • 電源:5V USB(micro USB端子)
  • カートリッジ・タイプ:セラミック型

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!