• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

名機を現代風にアレンジしたこだわりのデザイン。Minimoog風のコントローラが洗練されていてかっこいい

オランダのカスタムコントローラ・メーカーのSoundForce Controllers。彼らの手掛けるコントローラは、電子楽器の名機を現代風にアレンジしたデザインで、ソフトウェアをハードウェアに変えてくれます。このSoundForce Controllersが発表した、Minimoog風のコントローラ「SFC-Mini」も洗練されたデザインで、手元に置いておきたくなる一品です。

Minimoogをモデリングしたソフトウェアを、本物のMinimoogみたいにコントロールしましょうという、とっても潔いこのコントローラSFC-Miniは、たとえば、Arturia / mini Vや、Native Instruments / Monarkのようなプラグイン・シンセだと特に威力を発揮します。

出典:YouTube

SoundForce Controllersはこれまでにも、同様の発想のコントローラをリリースしています。
スイスのソフトウェアメーカーTALのU-NO-LXというソフトに対応したMIDIコントローラ「SFC-60 」は、Rolandの伝説的なシンセのJUNO-60の操作性を再現しています。

出典:YouTube

同じく、TALのプラグインシンセBassLine-101に対応したMIDIコントローラ「SFC 101」は、ソフトをRolandのシンセSH-101のようにパフォーマンスすることができます。

出典:YouTube

紹介した各機種は、特化型のコントローラではありますが、MIDIのマッピングができるソフトなら、自分でMIDIをアサインして使用することは可能です。DAW主流の現代では、多くのMIDIコントローラがリリースされていますが、意外にもノブだけとか、フェーダーだけとか特化したコントローラって少ないんですよね。

こだわればこだわるほど、そのような特化したコントローラの必要性が高まったりもしますが、そんなこだわりのアーティストをサポートしてくれる、SoundForce Controllersには、今後もソフトを楽しくしてくれるコントローラのリリースを期待したいですね。新しいコントローラ「SFC-Mini」は、今年の秋に最終バージョンのリリースが予定されています。気になる方はチェックしてみてください。

SoundForce Controllersのウェブサイトをチェック

画像出典:SoundForce Controllers

この記事をSNSでシェア!