• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

ファミコンみたいなローファイ8ビットサウンドを作れる個性派シンセ『ATMEGATRON』。価格改定でお手頃に

ローファイな8ビットサウンドをパワフルに操れるSOULSBYのハードウェア・シンセATMEGATRON。ATMEGATRONは、1980年代のチップチューン・サウンドを自由にエディットすることが可能です。ファミコンのサウンドのような矩形派の8ビットサウンドはもちろん、極太でダーティーなシンセベース、モジュレーションを効かせたSci-Fi(サイエンス・フィクション)なサウンドまで、シンプルな操作で直観的なエディットやパフォーマンスをすることができます。

サウンド波形は32種類から選択でき、エンベロープの設定も可能です。強力な効き具合のフィルターセクションとLFOモジュレーションは、それぞれ16種のフィルタータイプと波形が選択でき、細かなサウンドのエディットが可能です。

さらにアナログのベースブースト回路や、グライド、ディストーション、ウェーブクラッシャーなど、クリエイティブなサウンドメイクを可能にするツールが搭載されています。アルペジエイターは15のパターンを内蔵しており、スピードを最速にした高速アルペジエイターではポリフォニックサウンドをエミュレートしたサウンドも楽しめます。

出典:YouTube

ATMEGATRONはオープンソースのハードウェアです。現在、ドラムマシン、ウェーブテーブル・サイクリングシンセ、ポリフォニーシンセなどのソースコードが無償で公開されており、誰でも簡単にATMEGATRONを全く別のシンセやドラムマシンへ変身させることができます。個性的なサウンドとオープンソースならではの汎用性で注目のATMEGATRONの価格は、¥46,000(税別)。以前に比べてだいぶお手頃になったので、気になる方は是非チェックしてみてください。

主な特徴

  • 8ビットのモノフォニックMIDIシンセサイザー
  • ウェーブテーブル(PWMシンセ・オーディオ・エンジン
  • MIDI入出力
  • モジュレート&ピッチ、フィルター、ポルタメントなど
  • 16プリセットサウンド
  • LFOと2エンベロープ
  • 個性的なwave crusherエフェクト
  • アナログのベースブースト回路
  • オープンソースコードのダウンロードとハック
  • Arduinoフリー&オープンソース環境
  • FTDIケーブル経由でプログラムのアップデート

soulsby-atmegatron-1

Inputs/Outputs

  • 1/4″フォン、ライン出力
  • 3.5mmミニステレオ・ヘッドホンジャック
  • MIDI入力と出力
  • 12V DC入力(12V,2A、センター+)

メーカーサイトで詳細をチェック

画像出典:Umbrella Company

この記事をSNSでシェア!