• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

Serato DJのDVSコントロールに対応したコンパクトで低価格なオーディオ・インターフェイス『DS1』がリリース 

DVS(Digital Vinyl System)スタイルのDJの定番ソフトといえばSerato DJですね。このSerato DJのDVSに対応したオーディオ・インターフェイス「DS1」が、7/25(土)にDENONからリリースされます。DS1は、手のひらほどのコンパクトな金属製ボディにDVSコントロールに必要な入出力を備え、24bit/96kHzにも対応しています。

出典:YouTube

製品パッケージには、DJソフトのSerato DJと、プレイデッキ上のトラックをコントロールするSerato NoiseMap Control Tone VinylとCDが各2枚、RCAケーブル4本が同梱されているので、このパッケージだけですぐにDVSプレイを楽しむことができます。

DS1の入出力系統は、Serato純正のオーディオ・インターフェイスSL 2と同じですが、サイズも小さく重さも半分、音質的にも96kHzまで対応しているので高解像度でのDJプレイが可能です。なんといってもお手頃な価格が魅力的です。最低限の入出力だけで事足りるモバイル派のDJには特にオススメのシステムです。

serato-denon-ds1-1

主な仕様

  • Serato DJ付属(要ダウンロード)
  • 左右2系統のRCA入出力端子
  • 24bit/96kHzに対応
  • ターンテーブル用のGND(アース)端子
  • 4イン4アウトのオーディオ・インターフェースとして、DAWなどでも使用可能
  • USBバスパワー駆動
  • 堅牢なフルメタルボディ
  • 付属品:Serato NoiseMap Control Tone VinylとCD各2枚、USBケーブル、RCAケーブル
  • サイズ(W x D x H):約11.9 x 7.7 x 2.3cm
  • 重量:約0.25kg

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!