• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

Rolandがアナログとデジタルの2つのサウンド・エンジンを搭載したシンセサイザー「JD-Xi」を発表

roland-jdxi

Rolandからアナログ/デジタルという異なる2 種類のサウンド・エンジンを搭載した、新コンセプトのクロスオーバー・シンセサイザー「JD-Xi」が発表されました。

 JD-Xiには、思いついたフレーズやリズム・パターンを直感的に録音/再生可能なパターン・シーケンサー、ロボット・ボイス・サウンドを生成可能なボーカル機能、そしてMIDI / AUDIOインターフェース機能が搭載されています。

鍵盤にはRoland初となるミニ鍵盤を採用することでモバイル性にも優れたコンパクトなボディを実現しています。

出典:YouTube

アナログ+デジタルのクロスオーバー・シンセサイザー

JD-Xi の音源部は、アナログ・シンセ・パート×1、デジタル・シンセ・パート×2、ドラム・パート×1 の計4 パート仕様となっています。

アナログ・シンセは、Rolandが独自に開発したアナログ回路で、アナログ・オシレーターならではの太くて存在感のあるサウンドを表現できます。

オシレーター・タイプは「のこぎり波」「三角波」「矩形波」の3種類から選択可能で、分厚いシンセ・ベースを作るときなどに有効なサブ・オシレーターも装備し、1 オクターブ下/2 オクターブ下から選択できます(サブ・オシレーターは矩形波のみ)。

roland-jdxi2出典:Roland

サウンドのキャラクターを決定づけるフィルターも、アナログ・タイプのローパス・フィルターを実装しています(アナログ・シンセ・パートでのみ使用可能)。

デジタル・シンセ・パートには、JUPITER-80やINTEGRA-7にも搭載されているSuperNATURALシンセ・エンジンが採用されており、アナログ・シンセ・エンジンだけではカバーできない、きらびやかなPCM サウンドや、EDMなどに見られるSuperSawなどのアナログ・モデリング・サウンドも表現できます。

roland-jdxi3出典:Roland

ディレイ、ビット・クラッシュなどのリアルタイムでパフォーマンスに活用できるエフェクターを4 系統搭載しており、ひとつのノブを操作するだけで最適な効果を得られるようにチューニングされています。

音声入力を使って多彩な表現が可能なボーカル機能

roland-jdxi4

 

出典:Roland

独特の音程変化を得られるオート・ピッチやボコーダーなど、ロボットのように音声を変化させることができます。

鍵盤を弾かなくても音声に効果をかけることができるオート・ノート機能も搭載されていて、付属のグースネック・マイクですぐにボーカル機能を楽しむことができます。

様々な入力/ 再生が可能なパターン・シーケンサー

パターン・シーケンサーは、アナログ・シンセ・パート×1、デジタル・シンセ・パート×2、ドラム・パート×1 の4 トラック仕様となっており、鍵盤演奏だけでなく、カットオフなどのコントロール情報も記録可能です。

レコーディング方式は、鍵盤の演奏をそのまま録音するリアルタイム録音、鍵盤の演奏をステップごとに記録するステップ録音、Roland TR-808を起源とするTR-Rec に対応しています。

録音/再生モードをシームレスに切り替えたり、再生中に任意のパートをミュートすることもできるので、ループ・パフォーマンスなどにも活用できます。

Mac/PCとの同期

 JD-Xiには、MIDI / AUDIOインターフェース機能も搭載されています。

またJD-Xi の音色やパターンは、Rolandシンセサイザー音色ダウンロードサイトAxialで続々供給予定で、お好みのコンテンツを取り入れて、自由にカスタマイズすることも可能です。

roland-jdxi5出典:Roland

主な仕様

  • 鍵盤:37 ミニ鍵盤(ベロシティー対応)
  • 音源:最大同時発音数129 音(デジタル・シンセ/ドラム・キット:128、アナログ・シンセ:1)
  • パート数:4 パート(デジタル・シンセ・パート= 2、ドラム・パート= 1、アナログ・シンセ・パート= 1)
  • トーン:デジタル・シンセ・トーン(SuperNATURAL シンセ)、アナログ・シンセ・トーン、PCM ドラム・キット ※ アナログ・シンセ・トーンは、オシレーター、サブ・オシレーター、フィルター部分がアナログ回路で構成されています。
  • エフェクト:Effect1(Distortion、Fuzz、Compressor、Bit Crusher)、Effect2(Flanger、Phaser、Ring Mod、Slicer)、Delay = 2 種類、Reverb = 6 種類
  • パターン・シーケンサー:トラック数= 4
  • ボーカル機能:Vocoder、Auto Pitch、Auto Note
  • その他機能:フェイバリット、アルペジオ
  • コントローラー:ピッチ・ベンド/モジュレーション・ホイール
  • 接続端子:PHONES 端子(ステレオ標準タイプ)、OUTPUT 端子(L/MONO、R)(標準タイプ)、INPUT 端子(LINE「MONO」もしくはGuitar 入力)、(標準タイプ)MIDI 端子(IN、OUT)、USB COMPUTER 端子(USB Hi-Speed AUDIO / MIDI対応)(パソコンのUSB 端子とUSB ケーブルは、Hi-Speed USB対応のものをお使いください。)、DC IN 端子、MIC INPUT 端子(XLR タイプ, アンバランス)
  • 電源:AC アダプター
  • 消費電流:1,000mA
  • 外形寸法:575(幅)×245(奥行)×85(高さ)mm
  • 質量:2.2kg(AC アダプターを除く)
  • 付属品:取扱説明書、AC アダプター、マイク、保証書、ローランド ユーザー登録カード

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!