• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

腕のタトゥーからデータを読み取って独自のノイズサウンドを発する斬新なマシン

最新兵器か養成ギブスのような不思議な装置。一見するだけでは、はたして何に使うのかと思ってしまいますが、この装置は、モスクワのメディアアーティスト、ミュージシャンのDmitry Morozovにより制作された “reading my body”と言う作品です。

“reading my body”は、体に入れたタトゥーを読み取り、サウンドを再生させます。

出典:vimeo

“reading my body”のパフォーマンスでは、Nord Modular G2とサウンドに特化したプログラミング言語のKyma X、OSCメッセージ、 Arduino、Wiiのリモコンなどが使用され、レールに沿って移動するセンサーが、音楽アプリケーション用に設計されたタトゥーを読み取ることで、サウンドが再生されます。

出典:vimeo

パフォーマンスのスタイルとしては若干シュールではありますが、体と最新のテクノロジーを融合させるアイデアはおもしろいですね。

タトゥーのデザインの違いによるサウンドへの影響が気になります。

この記事をSNSでシェア!