• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

ユーロラックサイズのモジュールを組み込んでギター用のコンパクトエフェクターとして使えるパッチボックス

ドイツのフランクフルトで開催された楽器の展示会「ミュージックメッセ 2015」で、アメリカのモジュラーシンセサイザーメーカーの Pittsburg Modular が、ギターとベース用のモジュラーエフェクトペダル「Patch Box」を発表しました。Patch Box は、近年注目が高まっているユーロラック・サイズのモジュールを組み込むことができるボックスで、Patch Box を使用することでモジュラーエフェクトを床置きのコンパクトエフェクターとして使用可能になります。

Patch Box の下部には、一般的なコンパクトエフェクターと同様に切替スイッチが搭載されています。そして上部には、各モジュールをパッチングするための14個のモジュラー端子が搭載されています。

pittsburgmodular-patchbox-1

モジュールをコンパクトエフェクターとして使用すると言うアイデアはとてもいけていますが、ライブ中のパッチングはさすがに難しいかもしれません(笑)。でも、モジュールの選択とパッチングにより独自のエフェクトをデザインできることは、とても魅力的です。Patch Box の販売価格は、$349。オリジナルのサウンドを追求するマニアなギタリストやベーシストの新しい選択肢となりそうです。

Patch Box のオフィシャルページ(英語)はこちら

この記事をSNSでシェア!