• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

誰でも簡単にミックスできる新機能を搭載。本格的なプレイを楽しめるDJコントローラ「DDJ-SB3」

Pioneer DJから、Serato DJ Lite専用DJコントローラ「DDJ-SB3」が発表されました。気軽に持ち運べるモバイル性と本格的な操作性で、初心者から上級者までの幅広い層のDJに支持された「DDJ-SB2」の後継モデルとしてリリースされたDDJ-SB3は、上位機種と同様に、PLAY, CUEや、AUTO LOOPボタンが独立しており、更なる操作性の向上を実現しています。

また、ヒップホップ界のレジェンドJazzy Jeffとの共同開発により、Jazzy Jeff本人のスクラッチ操作を収録し、その操作をパッド演奏で再現できる新機能「PAD SCRATCH」を搭載。さらに、楽曲同士のミックスを簡単に行える新機能「FX FADE」を搭載しており、初心者でも本格的なDJプレイを楽しむことができます。

DJを行うために必要な機能に加えて、エフェクトやオートループなどのDJがもっと楽しくなる機能をダイレクトにコントロールできるDDJ-SB3は、スタンダードなDJスタイルにちょっとしたクリエイティビティを加えたいというDJにぴったりなコントローラです。

DDJ-SB3は、2018年3月上旬発売予定。販売価格およそ3万円(税込)と、コストパフォーマンスも良いですね。

DDJ-SB3の主な仕様
  • 対応ソフトウェア:Serato DJ Lite
  • 周波数特性:20Hz ~ 20kHz
  • 入力端子:MIC x 1(1/4″ TSジャック)
  • 出力端子:MASTER x 1(RCA x 1),PHONES x 1(3.5mm ステレオ・ミニジャック x 1)
  • USB:Type B x 1
  • 電源:USBバスパワー
  • 外形寸法(WxDxH)482.6 × 272.4 × 58.5 mm
  • 本体質量:2.1 kg
システム要件
  • Mac:macOS High Sierra 10.13(最新アップデート), macOS Sierra 10.12(最新アップデート), OS X 10.11(最新アップデート)
  • Windows:Windows® 10, 8.1, 7(最新サービスパック)32ビット版, 64ビット版
  • CPU:Intel® processor Core™ i7, i5, i3: 1.07 GHz以上
  • Memory:4 GB or more of RAM

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!