• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

多くのプロが愛用するソフトシンセ「Omnisphere」に豊富な新機能を搭載した最新バージョンがいよいよリリース

SpectrasonicsのソフトシンセOmnisphereの登場から7年以上の開発期間を経て、さらに豊富になった音源、新たなシンセ・エンジンをはじめとした数々の新機能を搭載して「Omnisphere 2」が発売されます。

こちらの動画では、Spectrasonicsの創業者Eric PersingがOmnisphere 2の新機能を解説しています。

出典:YouTube

以下に主要な新機能をまとめてみました。

  • オーディオインポート機能:ユーザーが所有するオーディオ・ファイルをOmnisphereのサウンドソースとして使用可能
  • ウェーブテーブル・シンセシス:各波形はウェーブテーブルとしてモーフィング可能
  • 新しいフィルターを8種追加
  • アナログシンセ特有の「揺れ」を再現するユニゾン・モードを搭載
  • ポリフォニックLFO、モジュレーションエンベロープ機能を追加
  • サウンドソースをリバース可能に
  • 4,500以上のパッチと大量のサウンドソースを追加
  • アルペジエイターの音階指定が可能に
  • 25種類の新しい内蔵エフェクト
  • パッチごとに16個のエフェクトを使用可能
  • すべてのFXスロットでマトリックス・モジュレーションが可能

上記に挙げた以外にも多くの新機能が搭載されているので、Omnisphereのヘビーユーザーには、待望のアップデートと言った感じですね。Omnisphere 2の市場予想価格は¥60,480(税込)で、2015年5月17日(日)から販売が開始されます。

動作環境

Mac/Windows共通

  • 2.4GHz以上のプロセッサー
  • 4GB以上のRAM、8GM以上のRAMを推奨
  • インターネット接続環境(インストール/アップデート時)
  • デュアルレイヤー対応のDVD-ROM
  • 64GB以上のハードディスク空き容量

Mac

  • Mac OS X 10.8 Mountain Lion以降
  • AU(Cocoa対応)、VST 2.4以降またはRTAS/AAX対応のホスト・アプリケーション
  • OS Xの64-bitネイティブと32-bitに対応

Windows

  • VST 2.4以降、RTAS/AAX対応のホスト・アプリケーション
  • Microsoft Windows 7/Vista対応
  • Windowsの64-bitと32-bitに対応

 メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!