• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

『NATIVE MEETUP: TOKYO Vol.2』8/19開催。シーンで話題のDouble Clapperzがグライム制作術を紹介

Native Instrumentsのプロダクトを介して、音楽好きがつながるイベント「NATIVE MEETUP: TOKYO」の第2回目が、8月19日(土)に祐天寺のMusic bar & studio Apt.で開催されます。

今回は、国内外のグライムシーンで注目を集めるプロデューサーチームDouble Clapperzをゲストに迎え、グライムに特化したMaschine Expansionの”London Grit”を使った手軽なグライム制作術が紹介されます。

多彩なベースミュージックとシンクロするグライムの制作術は、ヒップホップやダブステップなどのクリエイターも必見です。興味がある方は、NATIVE MEETUP: TOKYOのFacebookグループページをチェックしてみてください!

NATIVE MEETUP: TOKYO Vol.2 概要

日時:2017年8月19日(土)18:00 開場・18:30 開始・21:00 終了
会場:Music bar & studio Apt.
料金:¥2,000 with 1D
定員:25名

ワークショップ:Maschine Expansionから手軽にトラックを作ろう -グライム編-

出演者
ワークショップ:Double Clapperz
DJ:andrew (TREKKIE TRAX)
ナビゲーター:橋本洋 (soundrope/CUT&REC)

Double Clapperz プロフィール

UKDとSintaからなる、グライムのプロデューサーチーム。東京を中心に活動を続け、ソウルやロンドンのクラブでもゲストDJとして招待された。Boiler Room、NTS Radio、Radar Radio、block.fmなど国内外のラジオ局にゲスト出演し、国内外の知名度を上げている。2016年には200枚限定の「VIP (12inch)」をリリース、現在限定盤は入手困難となっている。また、SONPUB, TT the Artist, Swimfulなどのオフィシャルリミックスを手がけ、幅広いジャンルの感性をミックスしている。

この記事をSNSでシェア!