• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

あなたの音楽制作を充実させるおすすめアプリ5選

毎日のようにリリースされる音楽アプリ。このアプリのすべてをチェックすることはなかなか難しいと思います。そこでsoundrope編集部が多くのリリースの中から厳選した音楽制作において即戦力となり得るアプリをご紹介します。

BOOM 808!

Rolandの銘機TR-808をモデルにしたBOOM 808!。TR-808そっくりなユーザーインターフェイスはフラットなデザインで、TR-808とほぼ同様のシンプルな機能となっています。

BOOM 808!はApp Storeにて¥200で購入できます。お手頃ですね。

出典:YouTube

Oscilab

ドラムトラック用のステップシーケンサーとベースやその他の上物のためのピアノロールを搭載したOscilab。

Oscilabの特徴は、上物用のシーケンスを入力するピアノロール・メニューでのウェーブフォームの調整によるサウンドのエディットです。指一本でのウェーブフォームのコントロールにより簡単にサウンドを調整できます。

ウェーブフォームと聞くと難しそうに思えてしまいますが、Oscilabは感覚的に扱えるので、誰でも音楽制作を楽しむことができます!

XYパッドによるエフェクトも搭載されており、パフォーマンス・ツールとしてもいけちゃいます。

Oscilabは、iOSとAndroidに対応しており、フルバージョンは¥2,000と少々高めですが、機能制限版のフリーバージョンもリリースされているので、気になる方はこちらをお試しください。

出典:YouTube

Samplr – Touch the Music

Samplrは、リアルタイムでのパフォーマンスのためにデザインされたサンプル・プレイヤーで、画面上のサンプルを直接触って直感的なプレイを楽しめます。

スライサー、ループ、E-bow、テープ、スクラッチ、アルペジエーター、キーボード、ループ再生の8つの異なる演奏モードを搭載しており、
異なる演奏モードを使って多彩なメロディーの作成やパフォーマンスを楽しむことができます。

Samplrは、App Storeにて¥1,000で購入できます。

出典:YouTube

Nave

ドイツのシンセメーカーWaldolfによる前衛的なシンセサイザーのNave。アプリ起動時の画面からかっこいいNaveは、複数のウェーブテーブルが搭載されていて、2つのオシレーターで個別のウェーブをアサイン可能です。

3Dの立体的なウェーブの表示により、サウンドのエディットの結果を視覚的に捉えることができ、パッドからリードまで幅広いサウンドを表現可能で、ハイクオリティなサウンドを提供してくれます。

Naveは、App Storeにて¥2,000で購入できます。シンセ好きにはオススメのアプリです!

出典:YouTube

iVCS3

1969年にロンドンのシンセメーカーEMSが製造した「VCS3」というシンセのiOS用アプリのiVCS3。

iVCS3は、ルーティング・マトリクスと言うパッチボードを搭載しており、このパッチボードにピンを刺してシグナルをルーティングさせる、かなり本格的なシンセサイザーです。

パラメーターも豊富に搭載されていて、上級者向けのアプリです。

基本的に変なサウンドしか出ませんが、ドローンやSE的なサウンドをお探しの方にはたまらないサウンドを提供してくれます。

iVCS3は、App Storeにて¥1,500で購入できます。変態志望の方はぜひ!

出典:YouTube

まだまだオススメのアプリがありますので、今後も定期的に気になるアプリを紹介していきます。ぜひお楽しみに!

この記事をSNSでシェア!