• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

MOTUの828シリーズにサンダーボルト対応モデルが誕生

MOTUのオーディオインターフェイスのベストセラー828シリーズから、サンダーボルトに対応した828xが発表されました。

サンダーボルト規格は、現存のPCの中でも最先端の接続規格として、現行のMacには標準で搭載されていますが、この規格に対応した初めてのMOTU製品となります。

motu-828x-1出典:High Resolution

828xには、2つのプリアンプ搭載のコンボスタイルマイク/ギター入力、8つのバランスアナログインプットとアウトプット、XLRメインアウト、16チャンネルADATオプティカル(96 kHzの場合は8チャンネル)、S/PDIF、ワードクロック、MIDI端子を装備しています。これにより、マイク、ギター、シンセ、キーボード、エフェクターなど、様々な機器を接続することが可能です。

motu-828x-1出典:High Resolution 

また強力なDSPエンジンを搭載したCueMix FXソフトウェアも同梱されており、サウンドのルーティングからミキシング、エフェクトまでを可能にするバーチャル・スタジオとしても機能します。

現行のオーディオインターフェイスでは、USB 2.0での接続が一般的ですが、その接続性と転送速度から、ハイエンドなオーディオインターフェイスへのサンダーボルトの搭載は標準的なものになって行きそうですね。

出典:YouTube

主な特長

  • Thunderbolt接続(最新規格の Thundebolt 2対応)
  • USB2接続(USB 3.0互換、接続ケーブル付属)
  • 28入力/ 30出力(44.1/48 kHz時)
  • MIDIインターフェイス機能
  • CueMix FX搭載(DSPエフェクトとオンボードデジタル・ミキサー)
  • フロントパネル・コントロール
  • SMPTE タイムコード
  • スタンドアローン 動作
  • 最大24bit/192kHzのマルチ入出力
  • プリアンプと柔軟なマイク/ギター入力
  • 全入出力にDSP処理のEQとコンプレッサーを装備し、同時使用可能
  • 8ステレオバスのデジタルミキサーを装備、出力ごとの個別ミックスが可能
  • 入力とDAWのステレオ信号をミックスして、ループバック可能
  • 全入出力にレベルインジケーターを装備
  • 各種解析ツールとシグナルジェネレーターを装備

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!