• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

Moog初のデスクトップ型セミ・モジュラー・ シンセとして世界中で話題沸騰の『Mother-32』の国内販売がいよいよスタート

Moog初のテーブルトップ型セミ・モジュラー・シンセとして海外で話題を集める「Mother-32」の国内販売が、いよいよ開始されました。Mother-32は、電子楽器やモジュラーとの接続性、発展性を秘めたパッチベイと、32ステップで64種類のシーケンスをメモリーできるシーケンサーを搭載したアナログ・シンセサイザーです。

アルミを使用した堅牢なエンクロージャーと木製側板、ラダー型ローパス、ハイパス・フィルター、2基の電圧制御ミキサー、デュアル・アウトプットを備えたオシレーターなど、常にシンセサイザーをリードしてきたMoogならではの特徴が存分に詰まっています。

出典:YouTube

気になるMother-32の販売価格は、¥92,000(税抜)。シンセの基本的な機能にシーケンサーを搭載したMother-32は、あのMoogのサウンドで簡単にフレーズを作り出すことができ、サンプル素材を組み合わせる現代的な制作環境に最適なシンセサイザーです。

主な特徴

  • パッチングを行わずにサウンド・メイキングできるセミモジュラー設計
  • 64種類のシーケンスをメモリー可能な32ステップ・シーケンサー
  • 電圧制御レゾナンス付きローパス/ハイパス・ラダー・フィルター
  • 他の機器からのオーディオ信号を加工できる外部オーディオ入力
  • パルス波、ノコギリ波出力を装備したオシレーター
  • 5ピン・コネクターのMIDI入力、MIDI-to-CVコンバーター機能
  • 32パッチ・ポイントを装備したパッチベイ(5本のパッチ・ケーブルを付属)
  • 電圧制御ミキサーを2基装備
  • 着脱可能なメイン・モジュールは、ユーロラック・ケースに取付可能
  • 2基または3基のMother-32をマウントできる 2ティア、3ティア・キット(別売オプション)

主な仕様

  • 外形寸法:319 (W) x 133 (D) x 107 (H:ノブ含む) mm
  • 重量:1.59kg
  • パッチベイ:3.5mmミニジャック×32
  • オーディオ出力端子(リアパネル):1/4 インチ(6.35mm)標準ジャック(ヘッドフォン出力と兼用)
この記事をSNSでシェア!