• このエントリーをはてなブックマークに追加
TECHNOLOGY

驚きの表現力!ハープを駆使した想像の斜め上を行くエレクトロニカ演奏

MIDI機能を搭載した電子楽器の演奏やソフトウェアのコントロールなどに使用されるMIDIコントローラ。ソフトウェアでの制作が主流になり始めてから、その操作を補う存在として鍵盤タイプやパッドタイプ、フェーダーやノブを搭載したミキサータイプなどのたくさんのMIDIコントローラがリリースされてきました。

DAWソフトウェアや音楽系アプリをコントロールする存在として、普段はあまりフォーカスされることのないMIDIコントローラですが、HarpJamXと言われるプロジェクトで開発されているコントローラは注目せずにはいられません。

ライブセットに取り入れるだけで話題になりそうなそのコントローラとは、実際のハープにMIDI機能をくわえたハープ型のMIDIコントローラ。そう来たかと言う感じですが、使いこなすとヤバいパフォーマンスができそうです!

出典:YouTube

ハープのビジュアルから創造される音楽と動画のサウンドのギャップだけで心を掴まれてしまいますが、そのギャップからなのか、実際に行っている多彩なパフォーマンス性が薄まって見えているような気もします。しかし実際には複数の楽器とエフェクトを1人でコントロールしてクオリティの高いエレクトロニカを演奏しています。

ハープ型のMIDIコントローラだけで、ビートを刻み、メロディーを奏で、エフェクトをコントロール。弦をスライドさせてモジュレーションをコントロールしたり、弦を叩いてサウンドを発音させたりと、ハープの特性をいかした、このハープ型のMIDIコントローラでしかできない素晴らしいパフォーマンスです。

ハープ型のMIDIコントローラのコントロールにはそれなりの修練が必要となりそうですが、操作方法をものにしたら無敵のパフォーマンスができそうです!

この記事をSNSでシェア!