• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

1929年の発明?タッチだけで絶妙なサウンドを実現するアナログシンセ

2台のシンセサイザーだけで幻想的な世界を創り出して癒しを与えてくれる、ludoWicというアーティストのミュージックビデオTrautonium。

このミュージックビデオでは、エレクトリックピアノにYamaha CP-11、そしてノブの感じからMoogを想起させる管楽器のような美しいサウンドを生み出すTrautonium VTというアナログシンセをludoWicが職人技のように扱い、独特の世界を創り出しています。

出典:YouTube

このビデオで気になるのが、幻想的な世界観を生み出す要因となっている謎のシンセTrautonium VTです。

Trautonium VTにはサウンドを生成するアナログのソウトゥース・ジェネレーターと生成したサウンドを調整する2基のフィルターが搭載されていて、これを手前に配置されたシルバーのスライダーを押したり、スライドさせたりして演奏します。

スライダーを右に移動する音は高くなり、スライダーを押し込むと音に強弱をつけるベロシティ的な効果が得られます。

出典:YouTube

Trautonium VTは楽器のような動きを可能にするスライダーで、ストリングス的なサウンドから管楽器的なサウンドまでを表現できるようです。

とても魅力的なシンセですね!

こちらで紹介したアーティストludoWicのウェブサイトでは、ludoWic Jamというシンセサイザーのみを使用したJamを録画した、とてもストイックなビデオシリーズが公開されています。

こちらもかなり見応えあります。

出典:YouTube

また彼の機材のセットアップが写真付きで公開されていたり、シンセサイザーの歴史が分かる年表なんかも掲載されているので、シンセサイザーを楽しく学べます。

そちらも是非チェックしてみてください!

ludoWicウェブサイト:http://www.ludowic.com/

この記事をSNSでシェア!