• このエントリーをはてなブックマークに追加
TECHNOLOGY

収録できる尺は片面たったの3分。レーザーカッターで刻まれた劣化を楽しむ木製レコード。

3Dプリントでレコードを制作したアマンダ・ギャサエイが、今度はレーザーカッターを使用して木をレコードに。
木の盤面にレーザーで溝を刻む様子には思わず見とれてしまいます。

レーザーカッター用のベクター・グラフィックを作るために、デジタル・ファイルからMP3を作成し、pdfファイルに変換。

レーザーカッターでは、ヴァイナル・レコード・プレスのように細い溝を刻むことができず、溝の大きさはヴァイナル・レコードに比べ10倍となるため、片面に収録できる曲の長さは3分とのこと。

通常のヴァイナル・レコードと同様に針がレコードの内側へ行くに連れサンプリングレートが低くなり音質は劣化して行くのですが、その劣化して行く様子も分かり易く、最後はほぼノイズです。

しかしながら、ヴァイナル・レコードの繊細な凹凸を木にも刻んでしまえるとは驚きですね。
今後のチャレンジも楽しみです。

この記事をSNSでシェア!