• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

シンセに革命を起こしたFM音源の名機を完全に再現。話題のシンセ『volca fm』がリリース

今年のNAMM Showで話題を集めていた、KORGのFMシンセサイザー「volca fm」がリリースされました。FM音源の複雑な倍音を含んだ金属的でシャープなサウンドは、80年代から現在に至るまで、多くのクリエイターに愛用されています。FM音源の代表的なシンセサイザーのサウンド・エンジンを完全に再現したvolca fmは、3ボイスのデジタルFMシンセサイザーです。

出典:YouTube

難解なFM音源の音作りも簡単

volca fmは、複数のパラメータがアサインされた「MODULATOR」「CARRIER」ノブを搭載しており、瞬時にサウンドをエディットしていくことができます。また全パラメータを個別にエディットして、FM音源のサウンド・メイキングを楽しむことも可能です。

パラメータの動きを記録して複雑なパターンも作れる

タッチ・パネル鍵盤で演奏を録音できる、16ステップのループ・シーケンサーを搭載。パラメータの動きを記憶するモーション・シーケンス機能で、サウンドに時間的な変化を加えることもできます。

パターンをつなげてドラマチックな展開も

複数のシーケンス・パターンを連続して再生させるパターン・チェイン機能により、最大16個のシーケンスをチェイン(16ステップ×16シーケンス=256ステップ)することができるので、パターンをつなげて壮大な展開を構築することもできます。


 
volca fmの価格は¥18,000(税抜き)で、3月下旬発売予定です。手頃な価格ながら、サウンドに定評のあるvolcaシリーズの新製品。volca fmも期待できそうです。

主な仕様

  • 鍵盤部:マルチタッチ27鍵盤
  • 同時発音数:3
  • プログラム数:32
  • ボイス・モード:Poly、Mono、Unison
  • シーケンサー・パート数:1
  • シーケンサー・ステップ数:16
  • シーケンサー・記録パターン数:16
  • オーディオ出力:ヘッドフォン(3.5mmミニ・ジャック)
  • シンク・イン(3.5mmミニ・ジャック、最大入力レベル 20V)
  • シンク・アウト(3.5mmミニ・ジャック、出力レベル 5V)
  • MIDI:MIDI IN
  • 電源:単3形乾電池 × 6本、またはACアダプターKA350(別売り)
  • 電池寿命:約10時間(アルカリ乾電池使用時)
  • サイズ:193(W)x 115(D)x 40(H)mm(ノブを含む)
  • 重さ:360 g

メーカーサイトで詳細をチェック

画像出典:KORG

この記事をSNSでシェア!