• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR PR

お気に入りの鍵盤で気軽に演奏を楽しんでみませんか?iOS端末と直結できるモバイルMIDI/Audio I/O『plugKEY』の手軽さが凄い

アプリを使ってもっと本格的に演奏を楽しみたいと思った時に必要になるのがMIDIキーボードですが、皆さんはiPhoneやiPadとMIDIキーボードをどのように接続していますか?Lightning端子での接続が必要になる現行のiOSデバイスでは、お気に入りのキーボードが使用できないというケースや、使えてはいるけど機材をもっとコンパクトにしたいというケースも多いのではないでしょうか?

そんな需要に応えてくれるポータブルなMIDI+オーディオ・インターフェイス「plugKEY」がKORGからリリースされます。ここではplugKEYにMIDIキーボードを接続して、KORGのiOSアプリ「Module Le」と「KORG Gadget」を演奏して、その特徴をお伝えしたいと思います。

Lightning端子搭載だからiOS端末がすぐに楽器に

まずは、コンパクト・スピーカーを使った最もお手軽なセッティングを紹介します。動画では、plugKEYにArturiaのMIDIキーボード「KEYSTEP」をMIDIケーブルで接続して、Module Leのアコースティック・ピアノを演奏しています。Module Leのサウンドは、plugKEYのヘッドフォンアウトから、コンパクトスピーカーへ出力しています。

plugKEYにはLightningケーブルが搭載されているので、あとはiPhoneやiPadに直接接続するだけで、すぐに本格的な演奏を楽しむことができます。

plugKEYは、Apple認証の「Made for iPod/iPhone/iPad」取得モデルなので、安心して使用できます。さらに、iOSデバイスを充電しながら使用できるので、充電の心配なしに演奏を楽しむことができます。

DAWと連携して曲作りにも積極的に使える

次に、演奏したアプリのサウンドをDAWでブラッシュアップしたり、楽曲中の一部として使いたいという方にオススメのセッティングを紹介します。動画では、前章と同様にplugKEYにArturiaのMIDIキーボード「KEYSTEP」をMIDIケーブルで接続して、Module Leのアコースティック・ピアノを演奏しています。

Module Leのサウンドは、plugKEYのオーディオ・ラインアウトから、他のオーディオ・インターフェイスを経由して、Ableton Liveのオーディオトラックへ入力されています。

plugKEYのオーディオ・ラインアウトから出力すると高音質でレコーディングできるので、よりクオリティの高い楽曲を作ることができます。

また、高音質、高出力が可能になるplugKEYなら、ライブでも安心して使用できます。ポケットに入ってしまうほどのコンパクトなデザインは、外出先での演奏にも最適ですね。

plugKEYとMIDIキーボードで即興音楽制作

plugKEYとMIDIキーボードを使えば、アプリで曲作りを楽しむこともできます。ここではKORG Gadgetを使用して、即興音楽制作にチャレンジしてみます。

アプリだけでも演奏や曲作りはできますが、MIDIキーボードを使うことでストレスもなく、演奏や曲作りに集中できます。使い慣れたお気に入りのキーボードをiOSデバイスで使えるので、トラックのクオリティを向上させることもでき、アプリを積極的に使いたくなりそうです。

KORGの無償アプリで本格的な演奏を楽しもう

KORGでは、今回の動画で使用した「KORG Module Le」と、KORG Gadgetのライト版「KORG Gadget Le」の無料アプリが用意されています。どちらのアプリも、plugKEYを接続するとアプリ内の多数の音色や機能がアンロックされ、すぐに演奏や曲作りを楽しむことができます。

USB端子が搭載されていないMIDIキーボードでも、iOSデバイスで使えるようになる「plugKEY」。もしも自宅に眠っているMIDIキーボードがある方は、plugKEYで久しぶりの演奏や曲作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!