• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

音の変化がよくわかる。オシロスコープ搭載のアナログ・シンセ「minilogue」

KORGから、37鍵の4 ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー「minilogue」が発表されました。スマートなアルミ・ボディには、ステップ・シーケンサーやオシロスコープなど、クリエイティビティを拡げる様々な機能が備わっています。

組み合わせ自在なボイス・モード

2VCO、1VCF、2EG、1VCA、1LFOで構成される「minilogue」は、4ボイスを自在に組み合わせて演奏できるボイス・モード機能を搭載しています。4 音ポリフォニーでコードを鳴らす POLY、ユニゾンさせて太い低音やリード・サウンドを作り出す UNISON、サブ・オシレーターでベースに最適な MONO、遅延させながらトリガーする DELAY など、ボタン切り替えひとつで様々な効果を得ることができます。

出典:YouTube

16 ステップ・シーケンサー搭載

モーション・シーケンス機能付きの16ステップ・ポリフォニック・シーケンサーは、オーバー・ダブ可能なリアルタイムREC や、鍵盤を順番に弾くだけで打ち込めるステップRECに対応し、フレーズ・メイクやパフォーマンスの可能性が拡がります。

88faa59558e7708c0e522784163cab59_pc

サウンドを視るオシロスコープ

有機ELディスプレイには、音を電気信号の波形として表示するオシロスコープ機能を搭載しています。パラメータの変化をリアルタイムに目で追うことができるので、サウンド・メイキングに役立ちます。

727447b3ab9a84930035ca285ff55e8d_pc

「minilogue」は、2016年1月下旬発売予定で、価格は¥55,000前後とのことです。豊富な機能を搭載したアナログ・シンセとしては、かなりお手頃な価格ですね。オシロスコープを眺めているだけでも楽しめそうで、パラメータのコントロールにはまりそうです。

主な仕様

  • 【鍵盤】37 鍵(スリム鍵盤、ベロシティ対応)
  • 【音源】アナログ音源
  • 【最大同時発音数】4 ボイス
  • 【プログラム】200(工場出荷時は 100 のプリセット・プログラムと 100 のユーザー・プログラム)
  • 【ボイス・モード】8(POLY、DUO、UNISON、MONO、CHORD、DELAY、ARP、SIDE CHAIN)
  • 【シーケンサー】16 ステップ・ポリフォニック・シーケンサー
  • 【ディスプレイ】オシロスコープ機能付き有機 EL ディスプレイ
  • 【入出力端子】
    ・ヘッドホン端子(ステレオ・フォーン・ジャック)
    ・OUTPUT 端子(モノラル・フォーン・ジャック)
    ・AUDIO IN 端子(モノラル・フォーン・ジャック)
    ・SYNC IN 端子(3.5mm ミニ・ジャック)
    ・SYNC OUT 端子(3.5mm ミニ・ジャック)
    ・MIDI IN
    ・MIDI OUT 端子
    ・USB B 端子
  • 【外形寸法】500 (W) x 300 (D) x 85 (H) mm
  • 【質量】2.8 kg

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!