• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

恐竜の鳴き声はこうして作られた!『ジュラシック・ワールド』のサウンドデザイナーが語る音響効果制作の裏側

全世界のオープニング総興行収入の記録を塗り替えた映画「ジュラシック・ワールド」。歴代の興行的な記録を塗り替えそうな勢いのジュラシック・ワールドは、日本でも8/5(水)から全国各地で公開が開始されます。恐竜がテーマのジュラシック・ワールドでは、恐竜の鳴き声を始めとするあらゆる場面で音響効果が用いられていますが、果たしてこれらのサウンドはどのように作られているのでしょうか?このジュラシック・ワールドの音響効果について紹介されている動画が公開されています。

この動画では、ジュラシック・ワールドのサウンド・デザインなどを担当したPete HonerとAl Nelsonにより、どのようにサウンドが制作されたかが語られています。ジュラシック・ワールドの映像と共にお楽しみください。

出典:vimeo

動画に映し出されているように恐竜の鳴き声は、豚、猿、そしてライオンなどの鳴き声をレコーディングして作られているようです。恐竜などの実在しないもののサウンドを創造して、いかにもそれらしいサウンドを生み出すサウンド・デザイナーの仕事っておもしろそうです。ジュラシック・ワールドは音響効果にも注目ですね。

この記事をSNSでシェア!