• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

iPadの音響環境を向上させるオーディオ・インターフェイス10選 Pt.3

iPadで使えるオーディオ・インターフェイスPt.3では、DJアプリ向けのオーディオ・インターフェイス(以下オーディオI/O)と、オーディオI/O内蔵のコントローラを紹介します。アプリを使用したDJにも色々なスタイルがありますが、大きく分けると下記のような感じでしょうか。

  • DJアプリのみ使用
  • コントローラでDJアプリをコントロール
  • DJアプリをハードウェアのDJミキサーでミックス

一般的には、DJアプリのみ使用するスタイルと、コントローラーを使用するスタイルが主流かと思いますが、DJ用のオーディオI/Oとしては、メイン・アウトとヘッドフォン・アウトのサウンドが、それぞれ個別に出力できるかは重要なポイントです。

DJは、スピーカーから曲を再生させてオーディエンスを踊らせつつ、ヘッドフォンで次の曲をモニタリングしているのですが、これにはメイン・アウトとヘッドフォン・アウトが個別に出力される必要があり、この機能を搭載したオーディオI/OがあってこそDJが楽しめるわけです。

それでは、DJがもっと楽しくなるオーディオI/Oをご紹介。

オーディオI/O搭載コントローラー

Pioneer / DDJ-WeGO

ipad-audioio3-1
出典:Pioneer

Pioneer / DDJ-WeGOは、同梱DJソフトウェア”Virtual DJ Limited Edition”のエフェクト、ループ、サンプラーなどの機能に対応したコントローラーで、iPadとの接続によりDJアプリ”djay”や”vjay”にも対応。iPadとの接続には、USBケーブルを使用するため、別途”Lightning – USBカメラアダプタ“または”Apple Camera Connection Kit“が必要となりますが、近日発売予定の”DJC-WeCAi“と言うケーブルからもiPadとの親和性の高さを感じます。

メーカーサイトで詳細をチェック

Vestax / Spin2

ipad-audioio3-2
出典:Vestax

DJソフト”djay”の全てのプラットフォーム(Mac,iPod,iPad,iPhone)に対応した”Spin2″は、シンプルな操作性が特徴です。イメージ画像にiPhoneを使用しているあたりは、iOSとの親和性の高さを伺わせます。30ピン・コネクター・ケーブルが搭載されているので、iPad,iPad2,iPhone4,iPhone4S,iPod touch(第4世代)などと直接接続可能ですが、iPhone5,iPad Retina / iPad miniとの接続時には、”Lightning – 30ピンアダプタ“が必要となります。

再生中の曲を瞬時にサーチできるリボン・コントローラーが搭載されているのも好印象です。

For Traktor

DJソフトTRAKTORシリーズのユーザーや購入を検討されている方に向けて。
ipad-audio3-3
出典:Native Instruments

Native Instruments / TRAKTORシリーズのDigital Vinyl System対応の”TRAKTOR SCRATCH A10″と”TRAKTORSCRATCH A6″の2製品には、それぞれ”TRAKTOR AUDIO 10″と”TRAKTOR AUDIO 6″と言うオーディオI/Oが同梱されています。
ipad-audioio3-4
出典:Native Instruments 

TRAKTOR AUDIO 10とTRAKTOR AUDIO 6は、iPadのオーディオI/Oとしても使用可能。TRAKTOR AUDIO 10は、”TRAKTOR SCRATCH PRO”の機能に完全に対応した10IN/10OUTのオーディオI/Oで、TRAKTOR AUDIO 6は、TRAKTOR AUDIO 10をコンパクトにした6IN/6OUTのオーディオI/Oです。

どちらのオーディオI/Oもヘッドフォン・アウトを搭載しているので、メイン・アウトとヘッドフォン・アウトを個別に出力できます。数あるDJアプリのオーディオI/Oとして使用することもできますが、やはり先日リリースされた”TRAKTOR DJ“との相性は抜群。
TRAKTOR SCRATCH PROとの親和性からも、ぜひともTRAKTOR DJでの使用をオススメします。

TRAKTOR DJでそれぞれのオーディオI/Oを使用した場合は、ハードウェアのDJミキサーへ各デッキを振り分けることができるので、通常のDJスタイルと同様にミックスを楽しむことができます。パソコンのソフトウェアTRAKTOR SCRATCH PROのオーディオI/Oと言うことで、iPadとの接続には”Lightning – USBカメラアダプタ“が必要とはなりますが、DJ用のオーディオI/Oとしては、機能も音質も最高峰。

パソコンでのDJをメインに考え、iPadでもと言う方はぜひ!

メーカーサイトで詳細をチェック

まとめ

DJ向けオーディオI/Oとして紹介したDDJ-WeGOやSpin2のように、DJ向けのオーディオI/Oは、コントローラーと一体となってる製品が多く、今後も一体型の製品のリリースが続くことが予想されます。

iPadでの使用を考えると低価格帯の製品に人気は集中しそうですが、TRAKTORのようにパソコンをメインとしながらiPadでも使用できると言うのは、本気度の高いDJには嬉しい限りです。

DJ用のオーディオI/O選びは、使用するDJアプリとの親和性が重要なポイントですね。

この記事をSNSでシェア!