• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

iPadの音響環境を向上させるオーディオ・インターフェイス10選 Pt.1

複数のミュージック・アプリを連結し同時に使用できる”Audiobus”の登場やDJソフトウェア”Traktor”のアプリ化など、iPadでの音楽制作やライブ・パフォーマンスの可能性が広がっています。

アプリ自体のパフォーマンスが向上すると次に気になるのは、やはりサウンド・クオリティ。このサウンド・クオリティの必要不可欠要素として、パソコンと同様にオーディオ・インターフェイス(以下、オーディオI/O)があげられます。

iPad対応、クラス・コンプライアント・モード

現在販売されている全てのオーディオI/Oが、iPadで使用できるわけではありません。iPadで使えるオーディオI/Oの見分け方は、クラス・コンプライアント・モード(以下、CCモード)に対応しているか否か。

その響きから、高貴な印象すら受けてしまうCCモードですが、要約すると、各オーディオI/O専用のドライバを使用することなく、標準のドライバで動作するモードのこと。

iPadユーザーの拡大により、各メーカーからCCモードに対応したオーディオI/Oのリリースが増えており、これは今後のオーディオI/O選びの1つの基準ともなり得ます。

こちらの記事では、現在オススメのCCモード対応オーディオI/Oをクラス別に紹介。
Pt.1では、初心者向けオーディオI/Oを紹介します。

初心者向けオーディオI/O

Focusrite / iTrack Solo

ipad-audioio1-1

出典:High Resolution

iPad認定オーディオI/O、Focusrite/iTrack Soloは、2IN/2OUTのオーディオ入出力を搭載し、パソコンとの接続はUSBで、iPadとの接続には直接接続できるDEVICE LINKポートを使用します。

2つの入力端子には、マイク入力とハイ・インピーダンス対応のインストゥルメント入力が装備され、iPadでボーカルやギターの録音を行う方にオススメ。よって、シンセサイザーやDJミキサーなどのライン・レベルの楽器には適していません。ここがちょっと惜しいところ。

今回オススメするオーディオI/Oの中では、最安値となっておりますので、手軽にボーカルやギターなどを取り込みたいと言う方はぜひ。

Ableton Live Lite 8が同梱されているので、パソコンでの制作もすぐに始められます。

メーカーサイトで詳細をチェック

Roland / DUO-CAPTURE EX

 

出典:Roland

DUO-CAPTURE EXは、2IN/2OUTのオーディオ入出力と1つのMIDI IN/OUTを搭載したUSB接続のオーディオI/Oで、iPadとの接続には、”Apple Camera Connection Kit”や”Lightning – USBカメラアダプタ“を使用する必要があります。

2つの入力端子は、マイクやハイ・インピーダンスの楽器からシンセサイザーなどのライン・レベルの楽器まで、マルチに対応。

MIDI端子を搭載しているので、MIDIキーボードによるMIDI対応アプリの演奏など、MIDIによるコントロールを可能にします。さすがMIDIと言えばRoland、ぬかりありません。
と言うことで、DUO-CAPTURE EXは、あらゆる環境に対応した、オーディオI/Oとなっております。

DUO-CAPTURE EXの電源には、USBバスパワーとACアダプター(別売)に加え、単三乾電池の使用も可能で、アウトドア派のミュージシャンにもオススメです。

SONAR X1 LEが同梱されているので、パソコンでの制作もすぐに始められます。

メーカーサイトで詳細をチェック

Avid / Fast Track Solo


ipad-audioio-3

 出典:Avid

Fast Track Soloは、2IN/2OUTのオーディオ入出力を搭載し、パソコンとの接続はUSBで、iPadとの接続には直接接続できるTABLETポートを使用します。

2つの入力端子には、マイク入力とインストゥルメント入力が装備され、iPadでボーカルやギターの録音を行う方にオススメ。Focusrite/iTrack Soloと同様に、シンセサイザーやDJミキサーなどのライン・レベルの楽器には適していません。んー惜しい。

Pro Tools Expressが同梱されているので、パソコンでの制作もすぐに始められます。

Avid / Fast Track Duo

ipad-audioio-4
出典:Avid

Fast Track Soloで惜しいと思った方にはこちら。

Fast Track Duoは、2つのマイク/インストゥルメント入力と2つのライン入力を搭載した、2IN/2OUTのオーディオI/Oで、パソコンとの接続はUSBで、iPadとの接続には直接接続できるTABLETポートを使用します。

こちらもPro Tools Expressが同梱されているので、パソコンでの制作もすぐに始められます。

初心者向けまとめ

これまでのオーディオI/Oは、パソコンでの制作に特化したUSBやFireWire接続が主流でしたが、新製品にはiPadと直接接続可能なオーディオI/Oのリリースも目につきます。
やはり、コネクタを使用するよりは、直接接続できる方が動作の安定感や音質的にも優位性を感じます。

iPadでの制作環境を考えると、今後も低価格帯のオーディオI/OにiPadと直接接続可能なモデルのリリースが続くのではないでしょうか。

ここであげた全てのオーディオI/Oが、マイク入力やインストゥルメント入力に対応していることからも、主にGarageBandやCubasisなどへの楽器の録音を考えた仕様となっています。

打ち込みメインのクリエーターへ向けた、ライン入力に特化し、iPadと直接接続可能な低価格帯のオーディオI/Oのリリースが待たれます。

Pt.2では、iPadでも”音質にこだわりたい”、”多入出力が必要”と言う、中級・上級者向けのオーディオI/Oを紹介します。

*掲載した全てのオーディオI/Oは、ご使用のiPad、OSにより対応状況が異なります。購入の際は、必ずメーカーサイトを確認してください。

この記事をSNSでシェア!