• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

3軸でコントロールできるタッチ式プレートを搭載。ガジェット系アナログシンセ「HYVE」が気になる

Skot Wiedmannという人物が手がけるシンセサイザー「HYVE」。クラフトワークなども愛用したシンセStylophoneを思わせるHYVEは、3軸のコントロールが可能なタッチ式のプレートが搭載されたポリフォニックのアナログ・シンセです。

動画を見る限りでは、上部に搭載された六角形のプレートではピッチのコントロールもでき、コンパクトなボディに様々なアイデアが詰め込まれているようです。

出典:YouTube

HYVEに関する情報が少ないために詳細を紹介することはできませんが、動画からは多彩な表現を可能にするガジェット系シンセとして、かなり楽しめそうなプロダクトなのがわかります。HYVEは年内の販売開始が予定されているようで、今後の情報に注目です。

この記事をSNSでシェア!