• このエントリーをはてなブックマークに追加
CULTURE

音楽が引き出す恐怖!サウンドトラック視点で見たホラー映画ランキング

総合芸術とも呼ばれる映画は、映像、ストーリー、音楽などの複数の要素で構成され、それら全ての要素において優れている作品が名作として時代を超えて指示されています。

映画においては、作品で使用された音楽が注目され大ヒットにつながるケースも多く、作品で使用された音楽をまとめたサウンドトラックが話題になることもしばしばです。

映画のテンションを左右する音楽は、映画のジャンルによってセレクトが変わりますが、ここで取上げるのは海外メディアFACT Magazineが発表したホラー映画のサウンドトラックのランキングです。

ホラー映画にもたくさんの有名な作品がありますが、こちらのランキングにはそのようなメジャーな作品は入っておらず、音楽性を重視した本気度の高いランキングとなっております。

10.武満徹 / 怪談(1964年)

出典:YouTube

09. ALESSANDRO ALESSANDRONI / Devil’s Nightmare(1971年)

出典:YouTube

08. DAVID LYNCH & ALAN R. SPLET / Eraserhead(1977年)

出典:YouTube

07. COLIN TOWNS / Full Circle
(1977年)

出典:YouTube

06. TOBE HOOPER & WAYNE BELL / Texas Chainsaw Massacre(1974年)

出典:YouTube

05. HOWARD SHORE / Videodrome(1983年)

出典:YouTube

04. JOHN CARPENTER & ALAN HOWARTH / Halloween 3: Season of the Witch(1982年)

出典:YouTube

03. FABIO FRIZZI / City of the Living Dead(1980年)

出典:YouTube

02. POPOL VUH / Nosferatu(1978年)

出典:YouTube

01. GOBLIN / Suspiria(1977年)

出典:YouTube

やはりホラー映画。シリアスな音楽が続いていますが、今までにあまり耳にすることのなかった音楽性に優れた作品ばかりです。しかもホラー映画特有の現代音楽的なアバンギャルドな作品も多く、サンプリングしたくなるような気になるサウンドもたくさんあります。

このように音楽を気にしながら映画を見てみると、作品の新たな価値に気付くかもしれません。

FACT Magazineの特集ページでは、ホラー映画のサウンドトラックが100トラックもチョイスされているので、さらに掘り下げたいと言う方は是非チェックしてみてください!

参照:FACT Magazine

この記事をSNSでシェア!