• このエントリーをはてなブックマークに追加
TECHNOLOGY

人気バンドOK GOと楽器メーカーKORG、名門デザイン系の大学生によるコラボ企画で作られた見ても楽しい楽器達

楽器メーカーのKORG、アメリカのロックバンドOK GO、そしてロンドンの名門デザイン系大学Royal College of Artのデザインプロダクツ部門に属するプラットフォーム21の生徒と講師によるコラボレーションプロジェクト「Hack n Roll」。このプロジェクトでは、ゲスト講師のOK GOのダミアン・クーラッシュが、新たなツールを作るベースとしてKORGから提供された様々な機材の使用方法を指導。生徒は3グループに分かれて新たなツールの制作に取り組み、新たな体験をもたらす電子楽器が誕生しました。

このプロジェクトのテーマは「ステージパフォーマンスにおけるエンターテインメント性」です。現代の電子音楽はDAWが主流で、以前紹介した爆笑パロディ動画「2manybuttons」のように、ただボタンを押すだけで音楽は成立してしまいますが、楽器の演奏に比べて動きが少なくエンターテインメント性に乏しい部分があります。そこで、Royal College of Artの生徒たちに「既存のツールによって課される伝統的な制約から自由になれる、全く新たな楽器(または演奏空間)を創り出す」という課題が出されました。

出典:YouTube

Team OK | VISUAL AMPLIFICATION

OKチームのコンセプトは「映像の増幅」。『ループ』の概念を拡張させたこの作品では、KORGのMS-20 miniの回路をハックして、OK GOの楽曲「Another Set of Issues」のベースラインとなる4音のみを繰り返し発音し続けるようにセッテイングされています。ハンドルを回転させると、キーボードが回路に接触してベースラインが発音されます。

出典:YouTube

Team G | FLOATING KEYBORDS

光とビジュアルを用いた演出で、オーディエンスに対して強烈なライブ体験と、アーティストへエレクトロニックミュージックのユーモラスなプラットフォームを提供することをコンセプトに作られたGチームの作品「浮遊するキーボード」。KORGのmicroKEY-37など8台のキーボードを連結して1台の大きなキーボードを構成するこの作品では、それぞれのキーボードの高さが音楽に合わせて変化し、歌詞に従って振り付けされます。

出典:YouTube

Team O | CONTEMPORARY BUSKING

ストリートパフォーマンスの新しい形を提案したOチームの作品CONTEMPORARY BUSKING(バスキング=ロンドン地下鉄構内での音楽演奏)。KORGのシンセvolca keys、volca bass、volca beats、monotron、そしてパーカッションにWAVEDRUM Miniを使用した作品は、一人でも様々なサウンドをプレイして、ユニークな音楽を創り出せるようにデザインされています。volcaシリーズはフットスイッチでコントロールでき、arduinoを介してウルトラソニックセンサーに接続されているMonotronは、センサーで手の動きを感知して、音程をコントロールできます。

出典:YouTube

どの作品も独創的でユーモアに溢れていますが、特にOチームの作品CONTEMPORARY BUSKINGは、実用性も高くて、楽器ができない人でも一人バンド的なパフォーマンスが楽しめそうですね。この作品を使った路上でのパフォーマンスは人目を引きそうですね。

テクノロジーの進化により、最近では音楽とビジュアルの融合が進んでいて、このような新たな手法を取り入れたパフォーマンスが話題を集めています。音楽とビジュアルとの融合は、エンターテインメント性を向上させる要素として、よりオーディエンスを楽しませてくれます。このようなユニークなパフォーマンスが増えていくことで、ライブへ足を運ぶきっかけとなりそうですね。

Hack n Rollプロジェクト特設ページをチェック

KORGの特設ページをチェック

この記事をSNSでシェア!