• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

DJスタイルが格段に広がる!話題の「ステム」ファイルをDLできるオンラインサービス『Dubseed』

Native Instruments(以下NI)から発表されたマルチチャンネル対応の新しいオーディオフォーマット「Stems」。1つのトラックをビーツ、ベース、メロディ、ボーカルなどのパートに分解した4つのステムファイルが含まれるStemsを、DJソフトウェアのTRAKTOR PRO 2で使用することで、トラックのパートごとのコントロールが可能になります。

これは、完成したトラックをミックスするこれまでのDJスタイルに、トラックのリミックス的な要素を加えられる機能として注目されています。

出典:YouTube

このStemsで注目されるステムファイル形式でのダウンロードが可能なオンラインサービスが「Dubseed」。NIの発表したStemsは、TRAKTOR PRO 2に対応したフォーマットなので、4つのステムファイルしか含まれません。しかし、Dubseedでは、トラックをより細分化した10以上のステムファイルのダウンロードも可能で、中には無料のステムファイルもあります。しかもWAVファイルなので、音質にも優れています。
Dubseedの細分化されたステムファイルは、より自由度の高いDJプレイを可能にしてくれます。

*Dubseedでダウンロード可能なステムファイルは、NIのStemsとの互換はありません。

出典:YouTube

またDubseedでは、クリエイター自身が制作したステムファイルを販売することも可能です。Stemsファイルを販売する運用費用として$4.99が必要で、1ダウンロードごとに販売価格の30%を販売手数料として支払う料金形態となっています。

Dubseedは現在ベータバージョンとして運営されているので、トラック数はあまり多くありませんが、Ableton LiveやTRAKTOR PRO 2などのサンプルのループ素材をベースにした音楽制作やDJが主流になっていることを考えると、今後注目されるオンラインサービスと言えそうです。気になるクリエイターやDJは是非チェックしてみてください!

Dubseed ウェブサイトはこちら

トップ画像出典:Dubseed

この記事をSNSでシェア!