• このエントリーをはてなブックマークに追加
ARTICLE

『100% CD HATA視点の音楽史 Vol.1』Dachambo結成当時2000年ごろのアンダーグランドミュージックシーン

soundropeをご覧の皆様こんにちは!Dachamboシンセサイザー担当CD HATAです。このコーナーではCD HATA視点という、偏り、傾き、曲がりくねった音楽史を語らせて頂ければと思います。Dachamboは今年5年ぶりのニューアルバム「PURiFLY」をリリースします。そして来年は、Dachambo結成15周年になります。そこで第一回目の今回は、Dachambo結成当時2000年ごろのアンダーグランドミュージックシーンを紐解いていこうと思います。

今でこそ、インストバンド、jamバンドといわれるシーンも確立され、さまざまな形態のバンドが出てきていることと思います。ちょうど、Dachambo結成の2000年ごろに野外レイヴシーンとバンドシーンの融合、jamバンドシーンの広がりというのが目立ちはじめてきたのではないでしょうか。
Dachamboというバンドもロック畑やJAZZや歌もの音楽を一通りやってきたメンバーが、クラブミュージックや野外レイヴ文化に感化され、いままでとは違った音楽形態で遊んでみたいという意向から集まったという側面もあります。

cd-hata-vol-1

その当時のライブハウスシーンでは、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードといったような、いわゆるロック形態のバンドがほとんどで、インストでツインドラムやパーカッション、ディジュリドゥーもいるような変則的な形態のバンドはまだまだ少なく、同じような匂いのあるバンドに出会うことが少なかったです。
それ故、アバンギャルドで面白い変態バンドに出会った時には速攻で仲良くなっていったものでした。

cd-hata-vol-2

みなさんもご存知だと思いますが、我々の先輩バンドにボアダムスとROVOという2つの偉大なバンドがあります。

BOREDOMS

ボアダムスは、アイさんを中心に1986年に結成。アンダーグランドシーンに多大なる影響を与えながら、98年の歴史的名盤「SUPER ARE」、翌99年の「VISION CREATION NEWSUN」なんかは、CD HATA的にも非常に影響を受けている作品、凄い熱量ですね。

出典:YouTube

出典:YouTube

ROVO

ROVOは、ヴァイオリンの勝井さんと2001年までボアダムスのメンバーでもあった山本精一さんを中心に96年ごろから始まりました。

出典:YouTube

MAN DRIVE TRANCE」という99年の新宿リキッドルームから始まったパーティー(Dachamboも恵比寿リキッドルーム、日比谷野音の時に出演させてもらってます)のコンピレーションアルバムが、2002年にリリースされているんですが、日本における、初期のダンスミュージックバンドシーンを網羅しており、これもCD HATA的影響大なアルバムです。このコンピに参加しているのは、SOFTKINOCOSMOAOAなどなど。

SOFT

SOFT93年京都で結成、メンバーチェンジしながら現在も活躍していますね。数えきれないくらいライブで御一緒してますし、Dachamboのニューアルバムのマスタリングは、SOFTの現メンバーKNDくんがやってくれています。

出典:YouTube

出典:YouTube

KINOCOSMO

KINOCOSMOは、Space GatheringMASAさん、REE.Kさん、そしてNogeraさんにより1998年に結成され、その後ブラボー小松さん、Hi-goさんを向かえ5人編成になりました。

出典:YouTube

出典:YouTube

AOA

AOA(アオア)は、ボアダムスにも在籍のイーダさんとヒラさん、ブラボー小松さん、ディジュリドゥーのミヤさん、KINGDOMAFROCKSのパーカッションIZPON、元SOFTで今は沖縄在住のSinkichi、モジュラーシンセの自作などもやっているタテヤマくん(ULU)、現在はooiooのドラマーでOLAibiという名義でソロもやっているAIさんがメンバーで、1998年から2002年那須高原ANOYOでのライブまでの活動期間にミニアルバム含め5枚をリリースしていました。

出典:YouTube

当時、人力トランスバンドという呼ばれ方がありました。STROBOというバンドもその代表格で、メンバーは元ジェイソンズの茶谷さんやヒロキさん(現Dragon Ashのギター)、パーカッションのリュウダイさんやDrLinnさん(松田聖子さんのバックバンドもしていました)、シンセのTalowさんにはCD HATAも非常に影響を受けています。

そのSTROBOのリズム隊、茶谷さん、リュウダイさんに、渋さ知らズのギター大塚くん、そして現Dachamboのディジュリドゥーomiちゃん達によるQUAというバンド、またQuO(Quality Underground Orchestra)という、こないだ久しぶりにre:birthフェスでCD HATAと一緒にセッションしたアキを中心としたバンドが活躍していました。

トランスの影響を受けたバンドが、90年代後半から2000年初頭に躍進し、そういった中からDachamboも生まれてきて、約15年いろいろな歩みがありながら、現在形のDachamboとして「PURiFLY」をリリースします。是非、聴いてみて下さいね。

出典:YouTube

DachamboオフィシャルWEBSHOPはコチラ

今回紹介したバンドを一言でいうと「宇宙感」かもしれませんね。まだまだ、WRENCHThe SunPauloなど紹介しきれなかったバンドも沢山あるのですが、また別の角度から紹介させて頂ければと思います。

あくまでCD HATAの視点ですが、年代別やジャンル別など、いろいろな音楽シーンや文化を紹介していければと思っています。
以後、お見知り置きを!

この記事をSNSでシェア!