• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

レトロポップなデザインが秀逸。北欧デザイナーが手掛ける木箱型ガジェット・シンセ「Bivalvia Synthesis」

スウェーデンを拠点に活動するデザイナーLove Hulténにより制作されたオープンソースのシンセサイザー「Bivalvia Synthesis」。ハンドメイドで作られた木製のボディを開けると、6つのノブ/フェーダー、キーボード(1オクターブ)とオクターブ・シフトボタン、パッチシフト・スイッチが装備されています。

背面に装備されたステレオ出力に加えて、フルレンジの15Wスピーカーが内蔵されており、蓋を開けるとすぐに演奏を楽しむことができます。

オープンソースのシンセサイザーBivalvia Synthesisには、Axoloti Coreというデジタルオーディオ・プラットフォームが搭載されています。「Axoloti Patcher」というソフトウェアと組み合わせることでBivalvia Synthesisは、FMシンセや減算シンセ、そしてエフェクターにもなってしまいます。

丁寧に仕上げられた木製ボディが印象的なBivalvia Synthesisには、一般的なシンセではあまり目にしないイエローやピンクなどの多彩なカラーバリエーションが用意されており、デザインへの強いこだわりを感じます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

残念ながらBivalvia Synthesisの販売については未定のようですが、その製品化が待ちどおしい一品ですね。Bivalvia Synthesisの作者Love Hulténは、ゲーム機の制作も手がけています。Bivalvia Synthesis同様の個性的なゲーム機は、インテリアとしても楽しむことができます。

Love Hulténのウェブサイトでは、彼が制作するデザイン性に優れたゲーム機が多数紹介されています。見た目にも楽しめる素晴らしい作品を、ぜひチェックしてみてください。

Love Hulténのウェブサイトをチェック

この記事をSNSでシェア!