• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

オープンソースのモジュラーシンセとグルーヴボックス TRINITY シリーズ

アート集団STANDUINOのメンバーが立ち上げたハンドメイド電子楽器のブランドBastl InstrumentsからTRINITYシリーズがリリースされました。

TRINITYシリーズは、ユニバーサルなマイクロ・コントローラによって自在のサウンドを創りあげるモジュラータイプのシンセ&グルーヴボックスです。

サウンドモジュールにはドラムシンセ、FMモノシンセ、ポリフォニックシンセなどが用意され、それぞれのサウンドモジュールは単体の楽器として演奏が可能です。

また各モジュールをサイドコネクターで連結し、SQNCRモジュール(ループシーケンサー)やMIDI Bastl(MIDI I/O)を追加することで、アート感覚あふれるシンセサイザー&グルーヴマシン・システムを構成できます。

出典:YouTube

SQNCR

bastlinstruments-trinity-1 出典:Bastl Instruments

SQNCRは、他のTRINITYシリーズのサウンドモジュールを制御しループ録音と再生を行うシーケンサーです。

SQNCRは、MIDIノートデーターを3つの異なるチャンネル(1,2,3ch)に送り、3種の異なるサウンドモジュールをコントロールできます。

プライスは、¥12,600(税込)です。

DRUM

bastlinstruments-trinity-2出典:Bastl Instruments 

DRUMは、3ボイス・ポリフォニックのドラムシンセサイザーです。

四角いBIG BUTTONを押すことで3つのドラムサンプルを発音します。

またSHIFTボタンを押しながら同じく四角いBIG BUTTONを押すことでさらに3つのドラムサンプルを発音可能です。

プライスは、¥12,600(税込)です。

POLY

poly_web出典:Bastl Instruments  

POLYは、3ボイスのポリフォニック・シンセサイザーです。

ノイズやドラムサウンド、メロディックな音階まで、サブトラクティブまたはFMシンセ・モードで操るクリエイティブなガジェット系シンセサイザーです。

プライスは、¥12,600(税込)です。

MONO FM

mono_web出典:Bastl Instruments  

Mono FM は実験的なモノフォニックFMシンセサイザーです。

1基のオシレーターと3基のモジュレーター、そしてLFOを備えた実にクリエイティブなシンセサイザーです。

プライスは、¥12,600(税込)です。


各モジュールは9V電池、または専用の9V ACアダプタで動作します。モジュールを連結して使用する場合には1つのACアダプタから全てのモジュールを一括してON/OFFできます。

またサイドコネクターで連結したモジュールは、音声信号もミックスされるので、最後に接続したモジュールから、その前段に接続したモジュールのサウンドもミックスされ出力されます。

SQNCRモジュール(ループシーケンサー)をシステムに加えれば、3つのサウンドモジュールをコントロールしてシーケンスをREC & PLAYすることができます。

各サウンドモジュールのシーケンスは3プリセット×4パターンをパターンレングス、グルーヴ、テンポなどをリアルタイムで変化させながらバリエーションのあるグルーブを生み出せます。

MIDI Bastl(MIDI I/O)により外部MIDI機器と組み合わせることも可能となります。

出典:YouTube

またArduino IDEとMozzi Library互換でFTDi USBコネクターも備えたオープンソース・ハードウェアであり、プログラム・ソフトウェアの書き換えやアップデートでハック可能な設計になっているのも大きな特徴です。プログラムコードは、本国の公式サイトにて公開されています。

これは非常に楽しみなハードウェアの登場です!!

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!