• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

Appleの新音楽ストリーミングサービス、月$9.99で6月開始か

昨年AppleがBeatsを買収して以来、定額音楽配信サービスをiTunesとより密接に提携させるため、サービスを一新するという噂が続いています。
実際、11月後半の報告では、Appleは今月に新サービスを導入すると主張していましたが、先日のメディアイベントでは何も発表はありませんでした。

Apple側は深読みとも取れる噂を否定しておらず、さらにビルボードが新たな詳細を報告しました。

Appleの当初の計画とは違い、料金は月$9.99となり、Beatsの既存の定額音楽配信配信サービスと似たものになるであろうと言われています。業界筋によると、Appleはコスト削減により、料金をより扱いやすい$7.99にまで引き下げるため、ライセンス料の引き下げについて音楽レーベルと交渉し続けているようです。

しかし報告によれば、音楽業界側がライセンス料引き下げを拒否したため、Appleは今回実現できなかったとのことです。低価格なサービスを提供するためには、Appleの莫大な資産を持ってしてでもコスト圧縮が必要で、利益を考えると明るい見通しとはならなかったようです。

さらに不確かな情報ではあるものの以下のようなこともリークされているようです。

・現在のBeatsが行っている音楽サービスと同様に広告が表示される「フリーミアム」の選択肢はなく、サービス料を支払うか、曲を購入するかのどちらかになる予定

・Appleは競合サービスを通じた音楽配信を防ぐため、アーティストやレコード会社に排他的取引を迫っているとの噂

・新サービスは6月に開始予定

ビルボードの報告はまだ確実性は高いとは言えませんが、そう遠くない未来にBeatsの音楽サービスとAppleの音楽展開がより密接に統合されることは間違いなさそうです。

Appleが定額音楽配信サービスを始めると、同社が展開している楽曲ダウンロードビジネスの首も締まってしまいそうですが、いずれにしても音楽業界地図がまた変化しそうですね。

出典:www.billboard.com

この記事をSNSでシェア!