• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

APOLLOシリーズの新ラインナップ APOLLO TWIN リリース

オーディオインターフェイスとUAD-2プラグインが動作するDSPシステムを合体させたUniversal AudioのAPOLLOシリーズの新機種、APOLLO TWIN SOLOとAPOLLO TWIN DUOの発売が開始されました。

高音質と、リアルタイムにUAD-2プラグインを使用したレコーディングからミキシング、マスタリングを行える統合システムが特徴のAPOLLOの機能と性能をそのままに、より手軽に使用できるようにアレンジされたのがAPOLLO TWINです。

APOLLO TWINには、DSPを1基搭載したSOLOと、DSPを2基搭載したDUOの2モデルがあり、それぞれ、サンダーボルト・ケーブルでの接続となります。

apollo-twin-1
出典:Universal Audio

新たに開発されたクラシカルなマイクプリアンプのエミュレーション技術、「Unisonテクノロジー」により、様々なチューブやソリッドステートのマイクプリアンプのトーンを再現できます。

単にプラグインと連動するだけではなく、マイクプリアンプが持つインピーダンス、ゲイン段でのスイートスポット、さらには内部回路に於ける各パーツの挙動までをハードウェアとソフトウェアが連動して再現します。

今後「Unisonテクノロジー」はAPOLLO DUO/QUADでもサポートし、対応したプラグインが続々と登場する予定です。

見た目にも美しいアルミニウムのボディで、手元でのコントロール性に優れたデスクトップデザインも好感が持てます。

apollo-twin-2出典:Universal Audio

このタイプのインターフェイスでは、ボディのサイズからブレークアウトケーブルが使用されることが多いのですが、本体に全ての入出力端子が搭載されているところもポイントです。

今後注目のオーディオ・インターフェイスとなりそうです!

APOLLO TWIN SOLO ※SHARCプロセッサーを1基搭載
実勢価格:75,000円(税別)

APOLLO TWIN DUO ※SHARCプロセッサーを2基搭載
実勢価格:95,000円(税別)

出典:YouTube

主な機能

  • デスクトップスタイル
  • 24bit/192kHzオーディオコンバージョン仕様
  • Thunderbolt接続
  • レコーディング時のほぼゼロレーテンシーによるリアルタイムUADプロセッシング
  • Unisonテクノロジーによる、クラシックチューブやトランスフォーマーベースのマイクプリアンプの完全なモデリング
  • いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロール・アナログモニターアウト
  • “Realtime Analog Classics”UADプラグインバンドルが付属(LA-2A Classic Audio Leveler、1176LN Limiting Amplifier、Pultec EQP-1A Program Equalizer、Softube Amp Room Essentials、610-B Tube Preamp)

主な仕様

アナログ入力:
ラインイン 1 & 2(コンボジャック、1/4”メスTRSバランス)
マイクイン 1 & 2(コンボジャック、XLRメスバランス)ファンタム電源:+48 V
Hi-Zイン(1/4”メスTSアンバランス)

アナログ出力:
ラインアウト 3 & 4(1/4”メスTRSバランス)
モニターアウト 1 & 2(1/4”メスTRSバランス)
ステレオヘッドフォンアウト(1/4”メスTRSステレオアンバランス)

デジタルイン:
S/PDIF(オプティカルTOSLINK、ADATと共有)
ADAT(オプティカルTOSLINK、S/PDIFと共有)

クロックソース:
インターナル、S/PDIF、ADAT

外形寸法:150 × 57 × 152 mm(W×H×D) *突起部含まず
本体重量:1.05 kg

最低動作環境
Mac OS X 10.8“Mountain Lion”、またはMac OS X 10.9“Mavericks”

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!