• このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPICS

Aphex Twinが新作の制作に使用した世界で最も分かりづらいと言われるシンセをSummer NAMMに出展して話題に

エイフェックス・ツインが、6月23日から25日までアメリカのナッシュビルで開催された、世界最大の楽器ショーNAMMの夏バージョンにて、彼の新作「Cheetah EP」と、その制作に使われたシンセサイザー「Cheetah MS800」のブースを構え、話題を集めてます。

出典:YouTube

彼の新作「Cheetah EP」は、イギリス製の非常にレアなシンセサイザー「Cheetah MS800」からデザインとプロモーションのアイデアを得ています。

ms800.0

出典:Matrixsynth

Cheetah MS800は非常に使いにくいことでよく知られたシンセサイザーで、その扱いづらさは、VSTiメーカーのGForce Softwareのコメントから理解することができます。

「1990年代初頭、Cheetah社は多少ビジネスが成功した後に、訳のわからないシンセをリリースした。それがCheetah MS800だ。手頃な価格のデジタルウェーブ方式のシンセサイザーで、興味深い性能とサウンドを持っていたが、現存するシンセサイザーの中で最も使いにくいという称号をも得ている。精神を麻痺させ、サウンドをプログラムするだけでも混乱する。しかもサウンドの設定だけではなくて、単なるMIDIチャンネルを少し変えるだけでも、我々に動脈瘤を生じさせる。」

ひどい言われようですが、常に新しい音楽を生み出し続けるエイフェックス・ツインにふさわしいシンセサイザーであり、プロモーションといえそうです。

引用元:Synthtopia

この記事をSNSでシェア!