• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

AKAIが発表したアナログドラムマシーンRhythm Wolfとモジュールシンセを駆使した奇才リチャード・ディヴァインによるデモビデオがかっこよすぎ

サンプラー&シーケンサーの銘機MPCを世に送り出したAKAIから、アナログ・ドラムマシーンとベースシンセサイザーのRhythm Wolfが発表されました。

Rhythm Wolfは、キック、スネア、オープン・クローズハイハット、メタリックパーカッションとベースのサウンドを作り上げることができる6ボイスのシンセサイザーと32ステップのシーケンサーが搭載されており、気軽にドラムとベースのシーケンス・パターンを作成することができます。

出典:YouTube

先日公開されたRhythm Wolfのデモビデオに、アメリカのエレクトロニック・ミュージックのアーティストのリチャード・ディヴァインが起用されているのですが、リチャード・ディヴァインの所有するモジュールシンセと2台のRhythm Wolfを使用したデモビデオがかっこ良すぎです。

出典:YouTube

ビデオを見る限り、リチャード・ディヴァインの所有するモジュールシンセがだいぶ活躍していることは否めませんが、それでもRhythm Wolfへの期待は高まりますね。

グローバルサイトではありますが、Rhythm WolfのオフィシャルWEBページも開設され、AKAIのRhythm Wolfへ対する気合いの入れ方が伝わってきます。

AKAIが送り出すアナログドラムマシーンRhythm Wolfの発売が楽しみです!

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!