• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

AKAIがアナログ・シンセの「Timbre Wolf」とアナログ・ドラムマシンの「Tom Cat」を発表

akai-namm2015

アナログのドラムマシーン「Rythm Wolf」の発売も記憶に新しいAKAIから、新たに2つの完全アナログのハードウェアが発表されました。

Timbre Wolf

akai-namm2015-2出典:AKAI Professional

Timbre Wolfは、アナログ4ボイスのポリフォニック・シンセサイザーです。設定により4基のモノ・シンセ/4ボイス・ユニゾンまたは4ボイスポリ・シンセとして動作します。

Timbre Wolfには、Akai Pro 独自の25鍵キーボードが搭載されていて、状況に応じて独立したそれぞれのボイスの音色を即座にエディットすることができます。

またそれぞれのボイス毎に32ステップ・シーケンサを装備しており、LEDディスプ レイやオクターブ +/- ボタンを使い柔軟なコントロールが可能です。

Timbre Wolfの価格は$499で、発売は2015年7月が予定されています。

TOM CAT

Tom Catは音階チューニングが可能なDisco TomとKick、SnareそしてClapを含む5つのパーカッション・ボイスを内蔵したアナログ・ドラムマシンです。

パネル上では、それぞれのドラム音色のチューニング、アンプエンベロープ、連続可変ボリュームを操作して、リアルタイムに緻密な調整が行えるようになっています。

6つのMPCスタイル・パッドと32ステップ・シーケンサーを装備し、Tom Catクラッシック・ドラムマシン・レイアウトで高水準な操作性を実現しています。

スイング機能やテンポ調整ノブを使ってドラムパターンのノリなどの微調整ができ、独自の“Maul”回路の組み込まれたオーディオ信号ラインは、ほどよく粗いドラムビートを作り出すことができます。

とてもシンプルな仕様でクラシックなドラムマシーンのワークフローを提供してくれるTOM CATは、アナログなドラムサウンドをお探しの方にはオススメの1台かもしれません。

Tom Catの価格は$199で、発売は2015年7月が予定されています。

この記事をSNSでシェア!