• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

AKAIのMIDIコントローラMPDシリーズにスタイルに応じて選べる3つの新製品が登場

AKAIのMIDIコントローラのMPDシリーズから新たにコンパクトでモバイル性にも優れた「MPD218」、自宅スタジオでの制作に最適な「MPD232」、それら両方の用途で使える「MPD226」の3つの製品が発表されました。

出典:YouTube

各製品の主な特徴は次の通りです。

MPD218

akai-controller-mpd218-mpd226-mpd232-1出典:Akai Professional

  • ベロシティとアフタータッチに対応した16個のMPCパッド
  • MPCパッドは3つのバンクを介して48のアサインが可能
  • 3つのバンクを介して18のアサインが可能なロータリーエンコーダ
  • ノートリピートとフルレベルに対応
  • Camera Connection Kit(別売り)の使用によりiOSで使用可能
  • 16のプリセットを構成可能
  • Ableton Live Liteを同梱
  • USBによる電源供給(ACアダプタは必要ありません)

MPD226

MPD218_angle_1200x750_web-2出典:Akai Professional

  • ベロシティに対応した自照感圧式の16個のMPCパッド
  • MPCパッドは4つのバンクを介して64のアサインが可能
  • 4つのアサイン可能なフェーダー、4つのアサイン可能なQ-Linkノブ、4つのアサイン可能なQ-Linkボタン
  • 上記のフェーダー、ノブ、ボタンは3つのバンクを介して36のアサインが可能
  • MPCのノート・リピート、スウィング、16レベル、フルレベル、タップテンポ機能を搭載
  • 30のプリセットを構成可能
  • Camera Connection Kit(別売り)の使用によりiOSで使用可能
  • MIDIイン/アウトを搭載
  • 専用のトランスポートコントロールを搭載
  • Ableton Live Liteを同梱

MPD232

akai-controller-mpd218-mpd226-mpd232-3出典:Akai Professional

  • パッドのイベント情報をコントロール可能な64パート、32ステップ・シーケンサー
  • ベロシティに対応した自照感圧式の16個のMPCパッド
  • MPCパッドは4つのバンクを介して64のアサインが可能
  • 8つのアサイン可能なフェーダー、8つのアサイン可能なQ-Linkノブ、8つのアサイン可能なQ-Linkボタン
  • 上記のフェーダー、ノブ、ボタンは3つのバンクを介して72のアサインが可能
  • MPCのノート・リピート、スウィング、16レベル、フルレベル、タップテンポ機能を搭載
  • 専用のトランスポートコントロールを搭載
  • Camera Connection Kit(別売り)の使用によりiOSで使用可能
  • 30のプリセットを構成可能
  • MIDIイン/アウトを搭載
  • Ableton Live Liteを同梱

海外メディアのDJ WORXによると、各製品は2015年の夏からの販売が予定されており、価格はMPD218が£69.99、MPD226が£139.99、MPD232が£189.99となっています。これまでのAKAIのコントローラと同様に、Ableton Liveとの親和性が高いので、ドラムパッドでの演奏を重視したいAbleton Liveユーザーには特にオススメの製品です。

この記事をSNSでシェア!