• このエントリーをはてなブックマークに追加
GEAR

MPCでお馴染みのAKAIからワイヤレスで音声を送信可能なレコードプレーヤー『BT500』がリリース

ドラムパッドを搭載したサンプラー「MPCシリーズ」でお馴染みのAKAI PROFESSIONALが、レコードプレーヤー「BT500」をリリース。BT500は、モーターのノイズや振動の影響が少ないとされるベルトドライブ方式を採用しており、重量感のあるアルミダイキャスト・プラッターは、優れた回転精度とS/N比を実現します。

ウォールナット仕上げの木製パネルを基調としたモダンなデザインのBT500は、精度の高いトラッキングを可能にするストレート・トーンアームやアンチスケーティング機能、水平な設置を可能にする水平器とアジャスタブルな脚部などの機能を搭載した、ピュア・オーディオ向けのレコードプレーヤーです。

bt500

BT500には、LINEとPHONOの切り替えが可能なフォノアンプやUSB端子、ヘッドフォン端子を搭載しており、豊富な接続性を誇ります。さらに、Bluetooth対応スピーカーにワイヤレスで音声を送信可能なストリーミング機能も搭載しており、現代的なレコードのリスニングにも対応しています。

クラブミュージックのクリエイターからの支持が厚いAKAI PROFESSIONAL初のピュアオーディオ機器「BT500」の販売価格は、¥49,800(税込)で、4月9日発売予定です。

bt500_3

主な仕様

  • ターンテーブル駆動方式:ベルトドライブ方式
  • モータータイプ:アイソレーテッドDCモーター
  • スピード:33 1/3、45 RPM
  • S/N比:67dB
  • USBオーディオ:44.1/48kHz、16bit
  • カートリッジタイプ:デュアルムービング・マグネット
  • 付属カートリッジ:AT95E
  • 出力端子:RCA端子
  • プラッター:防振アルミダイキャスト
  • トーンアーム:アルミニウム
  • サイズ(W x D x H):約444 x 364 x 123 mm
  • 重量:約6.3kg

メーカーサイトで詳細をチェック

この記事をSNSでシェア!